あなたのお役立ちサイト【キラリアン】

世間の気になる話題・イベント・旅行・健康情報などが盛りだくさん

熱田祭り2015年の日程は?花火大会の穴場や前夜祭情報

   

熱田祭り

愛知県名古屋市の熱田神宮で毎年開催されている「熱田祭り」。
このお祭りは特殊神事とされ、その中でも最も重要かつ荘厳な祭典とされており、毎年多くの人で賑わいます。

スポンサーリンク

熱田祭り2015年の日程は?

どの辺が最重要で荘厳なのかというと、天皇陛下のお使いとして勅使がご参向になるお祭りなんです。

とは言ってもやっぱりお祭りなので、そういった部分も踏まえつつお祭り気分を楽しみたいですよね。

では2015年の熱田祭りの開催日はいつなのでしょうか。

熱田祭りは毎年6月5日に行われており、今年の開催も6月5日(金)となっています。

場所は熱田神宮本宮、前夜祭は6月4日(木)から行われています。

そして熱田祭りでの一番の楽しみといってもいい、花火。初夏の夜を大輪の花が彩ります。

打ち上げ時間は、5日の19時40分から20時30分の約50分

雨天の場合は翌日に順延となります。もし6日も雨が降ってしまった場合には、残念ながら花火は中止となってしまいます。梅雨の時期なので天候が心配されますが、この時間だけでも晴れて欲しいものですね。

穴場スポットは白鳥公園

約1000発の花火が打ち上げられる予定ですが、花火が見える穴場白鳥公園
実は熱田神宮の境内からは花火が見えないので、こちらに移動して見るのがおすすめです。

ちなみに神宮公園は花火の打ち上げ場所になっていて、当日は立ち入り禁止ですので注意してくださいね。

せっかくなので、白鳥公園のおすすめスポットもご紹介します。
名古屋国際会議場の中庭には、「幻のスフォルツァ像」が立っています。
真っ白い馬とそれに跨る兵士の像ですが、これが想像以上の大きさなんです。

まず像の土台が人の身長を優に超える高さで、自分が小人にでもなったのか、はたまた巨人と巨大馬に襲われているのかという錯覚を覚えます。写真におさめる際は、うんと離れてから撮ることをおすすめします。あと比較として誰かに傍で立っていてもらうことも忘れずに。

先程もちらりと書きましたが、熱田祭りには前夜祭もあります。
祭りといえば屋台!14時から21時までの間、東、西、南各参道とその周辺が、露天の屋台で賑わいます。

屋台に花火と、ひとあし早い夏祭りを堪能できてしまうのが熱田祭りなんです。

もちろん当日は奉納行事も行われますので、前夜祭と合わせてお楽しみいただけると思います。

スポンサーリンク

 - 祭り