あなたのお役立ちサイト【キラリアン】

世間の気になる話題・イベント・旅行・健康情報などが盛りだくさん

クリスマスリース手作りでの作り方!折り紙や布でも簡単に!

   

クリスマスリース

クリスマスが近づいてくると、年齢に関係なくワクワクしますね。家庭でもそんな気分をさらに高めるために、クリスマスリースを作ってみませんか?

玄関などに飾るだけで、クリスマスの雰囲気が出るクリスマスリース。意外と手作りで簡単に作れるんです。

スポンサーリンク

クリスマスリースを手作りで

定番のクリスマスリース

用意するもの

  • クリスマスリースの土台 1つ
  • 松ぼっくり 数個
  • リボン・オーナメントなど 数個
  • ボンド

クリスマスリースの土台に松ぼっくりやオーナメントを、ボンドで貼り付けていきます。ただ、それだけ。土台は造花のものやツタで出来たものなどが100円ショップで販売されています。

1から作らなくても、手作り感満載のリースがあっという間に作れます。

折り紙のクリスマスリース

用意するもの

  • 折り紙 赤・緑 各4枚

それぞれの折り紙を同じパターンで折ったものを8個用意し、組み合わせるだけでリースが完成!金や銀の折り紙やシールでデコレーションをするとオリジナル感もアップします。

大人がリースの土台を作り、お子さんにデコレーションをしてもらっても可愛くなりますね。

パーツの折り方・組み合わせ方はコチラを参照

布のクリスマスリース

用意するもの

  • クリスマスリースの土台 1つ
  • 緑系統の布 適量
  • 赤や白のリボン・オーナメントなど 適量
  • ボンド

クリスマスリースの土台は手芸店などでプラスチックの輪や発泡スチロールの輪のものを選ぶと良いですが、100円ショップの造花のものなどでも利用できます。

緑色の布を幅5cmほどに裁断し、太目のリボンのようにして何本も作っておきます。(布端は切りっぱなしでOK)その布を、リースの土台に巻きつけていきます。(布の巻き始め・巻き終わりはボンドで固定)

土台に緑色の布を巻き終えたら、赤や白リボン・オーナメントなどでデコレーションをします。

手作りの土台にチャレンジ

リースの土台も手作りしたい!という方に、簡単な方法をお教えします。

用意するもの

  • 針金ハンガー 1本
  • 装飾用の布や造花の葉・モールなど お好みで適量

針金ハンガーのフック部分はリースを飾る際に、そのまま使えるようにしておきます。服をかける部分を上下につぶして、横長の細い輪になるように曲げます。ある程度まで細くなったら、左右を下に曲げて、丸い輪になるように曲げます。(ハンガーの両端を下で合わせるようにするとキレイな輪になります)

その状態のハンガーに、100円ショップなどで売っている造花の葉やモールなどを巻きつければ、リースの土台は完成です。布を巻きつける際はボリュームアップのために綿を入れながら巻きつけるとふっくらとしたリースになります。

関連記事:クリスマスツリー手作りの作り方!布や紙を利用したアイデア集

スポンサーリンク

 - クリスマス