あなたのお役立ちサイト【キラリアン】

世間の気になる話題・イベント・旅行・健康情報などが盛りだくさん

2015年の春休みの期間は?小学校・中学・高校・大学の場合

   

大人にはない、子どもの特権の一つが「春休み」ではないでしょうか。学年が変わるので特に宿題もなく、新しい学年を迎えるための準備期間として設けられている春休み。

でも大人にはお休みがありませんし、年度切り替えの時期で忙しい!なんて方もいらっしゃいますよね。出張などで利用した新幹線が子連れで賑やかだった・・・という状態を避けるためにも、春休みがいつぐらいの時期に当たるのか、知っておくと便利です。

また、働く親御さんにとっても春休みをどうするかは悩みの種ですよね。児童館や一時保育を利用することを考えても、早めに予定は知っておきたいものです。

スポンサーリンク

幼稚園の春休み

春休み

地域などによって変わりますが、だいたい3月20日頃〜4月7日頃が春休みになっているところが多いようです。

春休みの期間中も預かり保育などを実施している幼稚園が多くあります。仕事を休めない場合は、預け先を確保しておくようにしましょう。

年少の場合は始業式の後しばらくは午前保育が続くので、新学期が始まっても子どもが家庭にいる時間帯が多くあると考えましょう。

小学校・中学校・高校の春休み

全国的に3月25日頃〜4月7日頃が春休みとなっています。カレンダーの並びや、個々の学校の事情(休校が多かった、など)により前後することがあります。

各学校の卒業生は卒業式以降が春休みとなるため、在校生よりも長めの春休みになります。卒業式についても、各学校で異なるため学校のHPなどで確認しておくようにしましょう。

短期大学・大学の春休み

学年にかかわらず、2〜3月頃に行なわれる定期考査の後から4月上旬までの期間中が春休みとなるところが多いようです。短いところで約1ヶ月、長いところでは約2ヶ月の春休みがあることになります。

観光地やテーマパークのある地域では、卒業旅行や春休みの旅行を楽しむ大学生などに多く出会うことがあります。同じような時期に家族旅行を計画する場合は気をつけましょう。

地域によって変わる場合も

春は人事異動などの影響で、急遽引越しなどをしなければならない誤家庭もあるかと思います。そのような場合は「地域によって春休みの時期が変わることがある」ということを頭に入れておきましょう。

それまで住んでいた地区とは、春休みなどの期間が大きく変わる場合もあります。引越し先の自治体で、確認をしておくことをお忘れなく。事前に自治体のHPなどで確認できる場合もありますので、チェックしてみてください。

スポンサーリンク

 - イベント