あなたのお役立ちサイト【キラリアン】

世間の気になる話題・イベント・旅行・健康情報などが盛りだくさん

雛人形の意味や由来!なぜ飾るのか?

   

雛人形

3月3日の桃の節句に女の子の健やかな成長を願い、お祝いする行事のひな祭り。というのはみなさんご存知かと思いますが、そこで飾られる雛人形由来意味については、あまり詳しく知られていないかと思います。

そもそもなぜお内裏様とお雛様、というようにつがいで飾られるのか。三人官女や五人囃子にはどういった役割があるのか。なぜひな祭りには雛人形を飾るのか。など、実際言われてみるよなぜだろうという疑問だけが残ります。

スポンサーリンク

雛人形の意味や由来

まず雛人形の由来は、平安時代にまで遡ります。
当時出産の際の死亡率が高く、命を持っていかれないようにとの意味を込め、枕元に身代わりの人形を置く風習がありました。

人形、この場合「ひとがた」と読みますが、これは身代わりという意味。身代わりになって厄災を引き受け、自分を守ってくれた人形を川へ流す「流し雛」という形で現在も行われています。

ではなぜこの人形のことを、雛人形と呼ぶようになったかというと、雛人形の雛(ひいな)には、「小さくて可愛いもの」という意味があったからだと言われています。

これは平安時代の宮中で、「ひいな遊び」という紙でできた着せ替え人形を用いた遊びが行われていいたことに由来しています。

そして室町時代になると、上巳(じょうし/じょうみ)の節句が3月3日に定着するようになります。上巳の節句とは、五節句のひとつと言われ、旧暦の3月3日が桃の花が咲く季節であることから、現代では桃の節句と呼ばれるようになっています。

健康と厄除けでお祝いを

紙のひなから、天皇の御所を模した御殿や飾り付けで遊んで健康と厄除けを願い盛大にお祝いするようになります。

この時はまだ宮中での風習でしたが、後に武家社会から裕福な家庭へと広まり、江戸時代には庶民の人形遊びと節句が結び付けられ、昭和に入ってからは現在のような行事へと発展していきました。

雛人形と言えば、立派な七段飾りがイメージされますが、この段飾りが飾られるようになったのは、江戸中期から。

元々宮中が発祥の風習なので、一番上のお内裏様とお雛様は天皇と皇后を意味しています。とすると三人官女は、その仕え。お内裏様とお雛様の身の回りの世話等をする役目があります。

その下の五人囃子は、言ってしまえば盛り上げる役のバンドのような存在です。

ではこの雛人形の七段飾りは何を意味するかというと、宮中の結婚式という設定なのです。そう言われると、雛祭りが終わったらすぐにしまわなければお嫁に行きそびれる、なんてジンクスも納得できますね。

関連記事:雛人形の処分方法や時期はいつ?供養もするべきなのか?

スポンサーリンク

 - イベント