あなたのお役立ちサイト【キラリアン】

世間の気になる話題・イベント・旅行・健康情報などが盛りだくさん

インフルエンザの流行時期!2015年のピークはいつからいつまで?

   

インフルエンザ

毎年、冬になると猛威を振るうインフルエンザ。今年もそろそろ流行時期が気になる季節になりました。一体、流行のピークはいつなのでしょうか?

スポンサーリンク

1〜3月が流行のピーク

例年のことですが、2014〜2014年の冬シーズンも流行時期に関してはピークが1〜3月になる見込みです。

とはいえ、2014年9月には4都県でインフルエンザによる学級閉鎖が報告されていますから、油断は出来ません。

患者が増え始めるのは12月上旬からですので、しっかりと予防をしておきたいものですね。

なぜ冬に流行するの?

冬は空気が乾燥しています。インフルエンザウイルスは患者の咳やくしゃみで空気中にばら撒かれます。

人の体内から出たばかりのウイルスは水分に包まれている状態ですが、乾燥した空気の中で水分がなくなり、「飛沫核」という状態になってしまいます。

飛沫核状態のウイルスは小さくて軽いため、長時間にわたって空気中を漂うことになり、人に付着して感染を広めていくことになります。

インフルエンザのウイルスが最も増殖する温度は33℃程度ですが、外気温が下がる冬には人の体も冷やされていて、喉や鼻などはちょうどそれくらいの温度になっています。

ですから、毎年冬にインフルエンザが流行するというわけです。

関連記事:2015年のインフルエンザの症状!子供と大人は違うのか?

インフルエンザを予防するには?

予防接種による予防も効果的ですが、日々の生活の中でもインフルエンザに感染するリスクを下げるための方法がありますので、ご紹介しましょう。

  • 手洗いを正しく行なう
  • 健康管理をする
  • 予防接種を受ける
  • 湿度を適度に保つ
  • 人の多い場所への外出を避ける

手洗いに関しては、食中毒などが流行した際にも役立ちますので正しい手の洗い方をしっかりと覚えておくことが大切です。

正しい手の洗い方

まず大切なのはこの2つ

  • 爪は短く切っておく
  • 時計・指輪をはずる

正しい手の洗い方です。

  1. 流水で手をしっかり濡らし、石鹸をつけて手のひらをよくこする
  2. 手の甲を伸ばすようにこする
  3. 指先・爪の間をしっかりとこする
  4. 指の間を洗う
  5. 親指と手のひらをねじって洗う
  6. 手首を洗う

食事の前、外出先から帰宅時など、手を洗うときには爪の先から手首までしっかりと洗うようにしておくとインフルエンザの感染リスクが低くなります。

インフルエンザに感染したら?

予防を心がけていても、インフルエンザにかかってしまう可能性はゼロではありません。もしインフルエンザに感染してしまったら、どうすればいいのでしょうか。

  • 早めに医療機関を受診する
  • 感染拡大を防止する:マスクの着用、人混みなどへの外出を避ける、湿度を50〜60%に保つ
  • 家庭での療法:安静にしてしっかりと休養を取る、水分を補給する
  • 対症療法:症状に応じた薬を服用しましょう
  • 抗ウイルス療法:発症から48時間以内に抗インフルエンザウイルスの薬を服用すると症状が短期間で治まるなどの効果があります。

インフルエンザかも?と思ったら、早めに医療機関を受診して医師の指示に従いましょう。

スポンサーリンク

 - 病気・健康