あなたのお役立ちサイト【キラリアン】

世間の気になる話題・イベント・旅行・健康情報などが盛りだくさん

一心行の大桜の開花予想2015!ライトアップも美しい!

   

熊本県阿蘇郡にある、樹齢400年以上の桜。「一心行の大桜」と呼ばれて多くの人から親しまれています。1999年にテレビ番組で取り上げられて以降、毎年20万人もの人が訪れるというスポットになりました。

2015年の一心行の大桜の開花予想やライトアップの情報をお伝えします。

スポンサーリンク

一心行の大桜の見頃

一心行の大桜

【見頃予想】3月下旬〜4月上旬
【場所】熊本県阿蘇郡南阿蘇村中松3226-1
【料金】無料
【アクセス】南阿蘇鉄道:中松駅 徒歩約15分

【見所】樹高14m、幹周り7.35m、東西に21m・南北に26mもの枝を広げる桜の木。九州でも2番目に大きな桜の木となっています。周りに菜の花畑が広がり、開花時期が桜と重なるため黄色とピンクの咲き誇る花々を楽しむことが出来ます。

2014年の桜の様子がコチラ

桜が満開になった日から3日間は、日没から21時までライトアップも行なわれます。その幻想的で壮大な姿は必見です。

一心行とは?

戦国時代に命を落とした伯耆守惟冬の妻子や家臣が、主と家臣たちの霊を弔うために桜の苗木を植えたのが、現在まで残っているとされています。「一心行」という名前は、一心に行を収めたというところから名づけられたと言われています。

昭和初期には落雷に遭い、その後も台風の影響などで形を変えていますが、まだ力強くその生命力をたたえている桜の木。大きな桜の木の下で、その木が見つめてきた周辺のことや歴史を考えてみられてはいかがでしょうか。

観光客の増加とともに、周辺の環境もよくなりました。公園やパークゴルフ、駐車場などが整備されていますのでご家族そろって楽しむことが出来るスポットとなっています。

桜の開花に合わせて、3月下旬〜4月上旬にかけては一心行公園一帯にて「南阿蘇桜さくら植木まつり」が開催されます。こちらも入場無料で、植木市・物産市が行なわれます。桜だけじゃない楽しみがあるのも、家族連れには嬉しいですよね。

ただ、2014年夏以降に阿蘇山の火山活動が活発になっています。桜の開花も気になりますが、お出かけの際には火山の活動状況も必ず確認の上、お出かけください。

天候や風向きによっては身に危険を及ぼす可能性もゼロではありません。くれぐれも無理な計画は立てずに、桜を楽しむように心がけましょう。

スポンサーリンク

 -