あなたのお役立ちサイト【キラリアン】

世間の気になる話題・イベント・旅行・健康情報などが盛りだくさん

ウイルス性胃腸炎の大人の症状や原因は?期間はどれくらい?

   

ウイルス性胃腸炎

冬になるとよく聞くようになる「ウイルス性胃腸炎」。感染性胃腸炎・嘔吐下痢症などとも呼ばれます。子どもがよくかかると言われていますが、大人であっても油断は出来ません。

ウイルス性胃腸炎の症状原因などを詳しく知っておきましょう。

スポンサーリンク

ウイルス性胃腸炎の症状

ウイルス性胃腸炎にかかった人の中には「インフルエンザよりもツライ」と言う方がいます。

主な症状としては、

  • 高熱
  • 下痢
  • 吐き気
  • 食事制限
  • 睡眠不足
  • 二次感染

が現れます。

高熱だけでなく嘔吐や下痢も併せて発症する分、インフルエンザよりもたちが悪いと言えるでしょう。

ウイルス性胃腸炎の原因

ウイルス性胃腸炎は原因となるウイルスによって「ノロウイルス感染症」や「ロタウイルス感染症」と呼ばれます。これらのウイルスが食べ物や食器についてしまったことで体内に進入し、上記のような症状を引き起こします。

飲食物からの感染

ウイルスを溜め込みやすい食材としては、カキやアサリ・シジミなどの二枚貝とされています。ウイルスを持ったこれらの食材を食べたり、ウイルスがついた食器を利用してウイルスが体内に入ります。

衛生管理がおろそかな井戸水が原因となった感染もあります。

発症者からの二次感染

ウイルス性胃腸炎を発症した患者の嘔吐物や便などから二次感染することもあります。小さなお子さんが感染した場合には、看病をする家族が十分に気をつければ防げますが、患者の割合としては飲食物が原因の人よりも二次感染した人の方が多いと言われます。

手洗いなどを徹底するだけではなく、患者が触れた壁やドアノブなどはアルコールや塩素系の漂白剤で消毒をするようにし、タオルなどを家族で共用しないようにしなければなりません。可能であれば、患者は隔離した状態で看病しましょう。

関連記事:ウイルス性胃腸炎 食事はいつからとっても大丈夫?】

ウイルス性胃腸炎の期間

ウイルス性胃腸炎は、突然の嘔吐から始まることが多いようです。その時点から体内のウイルスがある程度排出されるまで嘔吐が続きます。大体は1〜2日程度で治まりますが、症状の表れ方は人によって異なります。

嘔吐の後に下痢の症状が出ますが、長い人では嘔吐が治まった後も1週間程度下痢が治まらないこともあります。この場合、気をつけなければならないのは「脱水症状」です。

繰り返す嘔吐と下痢、食欲不振で水分すら口にしたくない・出来ない患者さんがいますが、闘病中は体内からかなりの水分が排出されています。そのため、脱水症状を起こしてしまう患者さんも出てきます。

経口補水液を少しずつ時間をかけて飲むと脱水症状を起こしにくくなります。小さなお子さんなどでどうしても水分の補給が上手に出来ない場合は、病院などで点滴治療を受けるという方法もあります。

関連記事:ノロウイルスの予防や対策!アルコールより手洗いうがいがおすすめ!

スポンサーリンク

 - 病気・健康