あなたのお役立ちサイト【キラリアン】

世間の気になる話題・イベント・旅行・健康情報などが盛りだくさん

花粉症の治療は注射で出来る!副作用は大丈夫?

   

注射

その、季節になると辛い症状が現れる花粉症。
春先が多いイメージですが実は花粉症というのは
色々な花粉が1年中飛んでいるために、罹患するのは春だけとは限らないんですよね。

どちらにせよ、辛い花粉症!!

花粉症の症状を抑えるためにすることとして
市販薬にせよ処方薬にせよ、薬を飲む。というのが一番一般的かと思うのですが

実は薬ではなく注射花粉症治療する方法もあるのですがご存知でしたか?

スポンサーリンク

花粉症を注射で治療

花粉症、注射での治療の仕方は3種類のパターンがあります。
以下3パターンについて見ていきたいと思います。

ステロイド注射

1シーズンに1度だけ打つ注射です。
クシャミや鼻水、目のかゆみ全てに効果がある劇的に効く薬ですが

実は副作用があることも覚えておかなくてはいけません。

主な副作用としては

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 生理がとまる
  • 内臓疾患
  • 免疫力の低下
  • 血糖値が上がる

などなど。

日本耳鼻咽喉科学会もおすすめしない。とはっきり表明している
劇的に効くけれど、まさに劇薬です。

副作用もワンシーズンずっと続いてしまうために
オススメしません。

アレルギー物質注射(減感作療法)

花粉症の原因ともなっているアレルゲンを体内に入れてしまう注射です。
最初はごく少量で濃度の薄いものから始め、だんだん量を増していく
アレルゲン注射です。

花粉症に対して対処療法を取るのではなく
完治を目的とした療法です。

ただ、このアレルギー物質注射の難点は
時間がかかり、病院に通う回数も多い。ということです。

途中で治療をやめてしまうと、元に戻ってしまうので要注意。
病院に通う回数も多いことから最後まで治療ができない人も多いとか。

さらにこのアレルギー物質注射のデメリットとしては
一つのアレルギー反応に対する治療なので
例えばスギ花粉が完治したとしても
ヒノキやハウスダストには対応できないということです。

他にアレルギーをお持ちではなく
時間を取ることのできる方向けかもしれません。

ヒスタミン注射(ヒスタグロビン注射)

非特異的減感作療法とも呼ばれる
特定ではない全てのアレルゲンに効く注射です。

しかしながらこちらの注射は完治を目的とせず
週1〜2回の注射で計6回行い
アレルギー反応を抑えられる期間は3〜4か月です。

ある特定の時期にしかアレルギーがおきない方は良いかもしれませんね。

服薬も良いですが
注射でアレルギーを完治するならば!!
マスクとも目薬ともサヨナラでこれほどいいことはありません。

あとは時間と(仕事と)相談ですね。

関連記事:
花粉症の治療法、舌下免疫療法とは?保険も適応で安心
花粉症メガネのおすすめは?おしゃれなメガネで春を乗り切ろう

スポンサーリンク

 - 病気・健康