あなたのお役立ちサイト【キラリアン】

世間の気になる話題・イベント・旅行・健康情報などが盛りだくさん

花粉症対策!食べ物はヨーグルト・乳酸菌が効果あり!

   

花粉症 ヨーグルト

気持ちが良いはずの春なのに、春になると外に出ることが苦痛で仕方ないという方が増えています。

そう、花粉症が辛い方々です。

行楽にもピッタリなこの時期、本当なら思いっきり出かけて楽しみたいものですよね。

そんな花粉症の方の悩みを軽減してくれる食べ物として、ヨーグルトが注目されています。

なぜヨーグルトが花粉症に良いといわれているのでしょうか?気になって調べてみました。

スポンサーリンク

ヨーグルトの乳酸菌が良い仕事します!!

ヨーグルトとは、乳に乳酸菌や酵母を加えて発酵させた食品を指します。

乳酸菌は体の中に入ると、悪玉菌の働きを抑制して腸の環境バランスを整えてくれるのです。

でも、なぜ腸内環境が整うと花粉症に良いのでしょうか?

腸は、消化器を運ばれてきた食べ物から栄養素を吸収し、不要物をより分けて体の外へ出すという大切な器官です。

特に不要物を排出する力が弱まってしまうと、血中の老廃物が増えがちになって免疫力が低下する原因になるのです。

実はこの免疫力の低下こそが、花粉症を引き起こす大きな原因の一つです。

花粉症はアレルギー症状ですので、免疫力を高めることで症状が出ても酷さを軽減することが可能なのです。

つまりは「ヨーグルトの乳酸菌で腸内環境が良くなる=免疫力が高い体質に改善してくれる」という事になるわけです。

ヨーグルトを食べるならいつから?

花粉症対策のためにヨーグルトを食べるのなら、はっきり言って症状が出てからでは遅すぎます!

花粉が飛び始めるより、出来るだけ早い時期からヨーグルトを食生活に摂りいれましょう。

ちなみにヨーグルトで体質改善するまでの期間は早くて2週間・長い方だと半年はかかると言われています。

スギの花粉を例にとると、早い地域では1月から花粉の飛散が始まりますので、次のシーズンの為にはなんと梅雨の頃からヨーグルトを食べ始める必要があるという事になりますね。

乳酸菌の中でも効果があるものは限られてしまう!?

ヨーグルトの中に含まれている乳酸菌の多くは胃酸に大変弱く、肝心の腸に届くころにはほぼ死滅してしまうのです。

「え!だったら体質改善なんて出来ないのでは?」と思ってしまいますが、実は「生きて腸に届く」乳酸菌があるのです。

それがヨーグルトのCMでもおなじみのLG21乳酸菌やKW乳酸菌と言われるものです。

最近は花粉症だけでなく成人病や各種アレルギー対策のために、高機能乳酸菌を配合したヨーグルトが多く発表されていますのでお試しになると良いでしょう。

関連記事:花粉症の治療法、舌下免疫療法とは?保険も適応で安心

スポンサーリンク

 - 病気・健康