あなたのお役立ちサイト【キラリアン】

世間の気になる話題・イベント・旅行・健康情報などが盛りだくさん

鏡餅にみかんを乗せる理由はなぜ?最後に食べるの?

   

鏡餅

正月飾りの定番と言えば「鏡餅」ではないでしょうか。毎年、飾っているご家庭も多いかと思いますが、鏡餅を何故飾るのか?などをきちんと理解している方は少ないかもしれませんね。

地方によって色々な飾りつけもある鏡餅ですが、どの地域の鏡餅にもお持ちの上に「みかん」が乗っています。あのみかん、一体どういう意味があるのでしょうか?

スポンサーリンク

実は、みかんではない

お持ちの上に乗っかっているオレンジの実。スーパーなどで購入したみかんを乗せているご家庭もあるでしょう。が、本来の飾りはみかんではなく「ダイダイ(橙・橘)」でした。

子孫が代々(=ダイダイ)繁栄していくように、という願いを込めて縁起を担いだ語呂合わせで飾られています。

橙は実がつくと数年間は木から落ちることなく、実が大きく育つこともあり「代々、家が大きく栄えていくように」という願いも込められています。

橙は食べるものなの?

鏡餅の上に飾る橙。意味は分かりましたが、鏡開きの後にどうしたものか迷ったことはありませんか?

みかんなら食べてしまえばいい、という気がしますが・・・長く飾ってしなびてしまうと、食べていいのかな?と思いますよね。

実は、鏡餅というのは新年に家に来てくれた神様がいてくれる場所なのです。その場所にお供えしているものですから、橙やみかんはできればきちんと頂きたいものです。

鏡餅を飾っている期間中、2・3日に一度は新しい橙・みかんと交換をしてその都度頂く、というのが良いと思います。ついつい交換をサボってしまった方は、そのまま処分してしまうのではなく、果汁を絞って料理に使ったりお風呂に浮かべてみたりと利用してから処分したいですね。

鏡餅に飾るお飾りの意味

橙以外にも、一般的に鏡餅には色々なお飾りを飾ります。それぞれにどのような意味があるのか、簡単に知っておきましょう。

裏白(うらじろ)

裏白とは、常緑の歯朶(しだ)のことです。表は緑色、裏は白色なので「心に裏がない」「清廉潔白である」ということを願っています。また、髪が白くなるまで元気でいられるように、と長寿の願いも込められています。

昆布

昆布はおせち料理にも使われる縁起物の一つですね。

喜ぶの「こぶ」、子生=子供が生まれる、という願いが込められています。

串柿

柿の木は長寿の木であり、幸せをカキ集めるという意味があります。

飾り方としては、長い串の外側に2個ずつ、内側に6個刺すのが基本の串柿。「外はニコニコ、中(=仲)むつまじく」という語呂合わせになっています。

スポンサーリンク

 - 年末年始