あなたのお役立ちサイト【キラリアン】

世間の気になる話題・イベント・旅行・健康情報などが盛りだくさん

鏡餅の意味と由来を子供向けに説明すると?いつ飾るのがベスト?

   

鏡餅

お正月に飾るのが定番になっている鏡餅。最近は手軽に飾れるものが流通していますが、元々は大きなお餅を重ねて神事などにも用いていました。

今年もそろそろ鏡餅を準備する時期になってきました。今年は子供由来などを語りながら、飾ってみませんか?

いつ飾るのがいいのかもお伝えします

鏡餅を飾るのは何故?

お正月というのは、新年の神様=年神様を家に迎えてもてなし、見送る行事です。家に迎えた神様がいてくださる場所として「鏡餅」を用意します。

家に来てくださった年神様は、私達に新年の幸せや恵みを分けてくれるとともに、生きる力も分けてくださると考えられています。その象徴が鏡餅です。

年神様の「御魂(みたま)」が宿った鏡餅をお雑煮にして食べることで、私達の体内に年神様の生きる力を分け与えていただいています。

どうして名前が「鏡餅」なの?

昔の鏡は銅鏡で、丸い形をしていました。天照大神から授かった三種の神器の1つが鏡と言われています。そのような丸い鏡をお餅で表したので「鏡餅」と呼ばれるようになりました。

鏡餅は大きなもの・小さなものを2段に重ねるのが一般的です。この2段というのは月と太陽・陰と陽を表しており、円満に年月を重ねていくという意味が込められています。

鏡餅の正しい飾り方は?

鏡餅の飾り方に関しては、地域によって差があります。一般的には、お供え用の器である「三方」に白い奉書紙(もしくは四方紅)を敷き、紙垂れ・裏白・ゆずり葉を乗せ、その上に鏡餅、昆布・橙などを飾ります。

地域によっては串柿や黒豆・するめなど縁起物を飾ることもあります。

これらの飾り物にも1つ1つ意味があるので、興味がある方は一度調べてみてはいかがでしょうか。

いつ飾ればいいの?

鏡餅いつ飾ればいいのか?特にいつから飾る、という日は決まっていないようですが、末広がりの「八」は縁起の良い数字とされていますから12月28日に飾るのが良いとされているようです。

気をつけたいのは12月29日と31日は鏡餅を飾るのには適していない、ということです。29日はくもち(苦餅・苦持ち)という二重苦の意味があり、31日は葬儀と同じように一夜飾りになり縁起が悪いといわれているからです。

鏡餅はどこに飾ればいいの?

鏡餅を飾るのに適しているのは、床の間です。が、今は床の間がない家庭も珍しくありませんね。では、どうすればいいのでしょうか。

先に書いたように、鏡餅は神様が滞在してくれる場所を表しています。ですから、床の間・神棚・仏壇があるご家庭はそれらの場所に、そういった場所がないご家庭は家族が集まるリビングなどにお供えするのがいいですね。

神様がいてくださる場所ですから、人が見下ろすような低い場所やテレビの近くなどのうるさい場所は避けましょう。

お供えをする方角としては、その年の恵方・南や東向きが良いと言われています。

神様に来ていただきたい場所(台所・子ども部屋など)にも、小さな鏡餅を飾るといいですよ。

関連記事:鏡餅にみかんを乗せる理由はなぜ?最後に食べるの?

スポンサーリンク

 - 年末年始