あなたのお役立ちサイト【キラリアン】

世間の気になる話題・イベント・旅行・健康情報などが盛りだくさん

海外のハロウィン料理がホラーすぎると話題に!

   

日本でもパレードや仮装で盛り上がりを見せるようになってきたハロウィン。日本では仮装がメインになっていますが、やはり海外は一味違います。

ハロウィンの日には食卓にもハロウィンらしい料理が並ぶようです。

ですが、その出来栄えは私達日本人の想像をはるかに超えるホラーぶりでした。

一体、海外ではハロウィンにどのような料理が食卓に並ぶのでしょうか。

スポンサーリンク

日本でも流行るかも? 見た目がハロウィンな料理たち

クモの巣タルト

蜘蛛の巣タルト

木苺やストロベリーをたっぷり乗せた真っ赤なタルトを作ります。そこにホイップクリームを細く出して、クモの巣を描きます。

グミや黒オリーブで作ったクモを乗せれば完成!

マシュマロで作るフランケンシュタイン

マシュマロで作るフランケンシュタイン

大き目のマシュマロにチョコペンで目・口・傷などを描き、フランケンの顔にします。色々な表情を作って、お皿に並べましょう。

パンプキンきんとん

パンプキンきんとん

栗きんとんなどの作り方で、カボチャのきんとんを作ります。包丁などでカボチャらしい模様を入れ、上に軸となるプレッツェルなどを刺しましょう。

お墓のチョコレートプリン

お墓のチョコレートプリン

小さめのグラスにチョコレートプリンを作ります(6~7分目程度の量)。プリンが冷え固まったら、チョコレートクッキーを砕いたものを敷きます。そこにクラッカーで墓標を作って、乗せれば完成です。

食べられると分かっていても食べる勇気が出ないハロウィン料理

目玉のパンナコッタ

目玉のパンナコッタ

パンナコッタを丸い器で作ります。お皿にラズベリーソースを敷き、その植えにパンナコッタを乗せます。パンナコッタの植えに輪切りにしたキウイを乗せると、リアルな目玉に見えます。

虫型のゼリー

虫型のゼリー

海外ではワームと呼ばれる、ミミズのような細長い虫。ストローでゼリーを作ると簡単に作ることができます。曲がるストローのジャバラ部分がリアル感を増します。

色々な色で作ったり、大量に作ることで不気味さがアップします。

上記のものは割と簡単に作ることができるホラー料理ですが、インターネット上には脳みそを模したゼリーや、ゾンビの頭・蛇の形をしたケーキなど、とても食べ物には見えない料理やデザートの写真が並びます。

指の形に加工したウインナーを挟んだホットドッグや人の内臓のようにデコレーションされたウインナーなど、見るだけで食欲がなくなります。

スポンサーリンク

 - ハロウィン