あなたのお役立ちサイト【キラリアン】

世間の気になる話題・イベント・旅行・健康情報などが盛りだくさん

鎌倉花火大会2016!穴場や日程、混雑状況は?

      2016/05/08

鎌倉花火大会

観光名所としても有名な鎌倉。その鎌倉で行われる鎌倉花火大会は、様々な趣向を凝らした花火でも有名です。鎌倉花火大会2015年の穴場スポットや日程や混雑状況などを案内します。

まずはそのひとつ、水中花火。水中で花火とはどういうことかというと、船の上から尺玉が投げ込まれ、海上に扇型の花火が広がるのです。さらに上空にも花火が打ち上げられ、空と海、対になった花火の演出がこれまた圧巻なのです。

また、数箇所から同時に花火を打ち上げる、大迫力の演出。
全国から集った有名な花火師による、各種多彩な花火。

また、こんな告白の仕方をされたら、「うん」と言わざるを得ないような、メッセージ花火(有料)など、どれも最初から最後まで観客を魅了して離さない、多数の演出が用意されています。

鎌倉花火大会2016の日程は

2016年の開催は、7月20日(水)

19:20~20:10
雨天の場合は、翌日25日に順延となります。
打上場所は、由比ガ浜海岸、材木座海岸。

え?開催場所がふたつ??どっちに行けばいいの??と、思いますが、滑川を挟んで、東側、西側のそれぞれの名称なので、ご安心を。

鎌倉花火大会の穴場スポット

さて、一安心したところで、穴場スポットのご紹介。

【材木座海水浴場】
ん?どうして名前が東西で分かれているだけなのに、材木座の方が穴場なの?
と、私も思いましたが、日中の海水浴客が少ないほうが材木座海水浴場なんです。
なので、日中のうちにこちらで場所取りができる方は、こちらの方がおすすめなのです。

【披露山公園】
伊豆の披露山山頂にある公園です。由比ガ浜からは少し離れますが、ここも隠れた穴場スポットなんです。
伊豆アリーナや、由比ガ浜、江ノ島を一望できるところにあるため、眼下に花火を見渡せます。
伊豆駅から鎌倉行のバスに乗り、披露山入口で下車。

【鎌倉海浜公園、由比ガ浜地区】
水中花火を見たいという方は、やはり由比ガ浜近くでみるのがおすすめ。
公園内は広く、由比ガ浜地区、坂の下地区、稲村ヶ崎地区と分かれていますが、高台にある由比ガ浜地区が、花火を見るには一番おすすめです。
芝生があるので、シートを広げることもできます。

さて、穴場スポットの次に気になるのは混雑情報です。
会場付近は交通規制がかかるため、地元の方曰く、「車での移動は無理」とのこと。

ちなみに、会場付近では、駐車することもできないので、やはり公共交通機関を利用するのが一番かと思います。
交通規制に伴い、バス、タクシー乗り場も変更になるので、ご注意を。

スポンサーリンク

 - 花火