あなたのお役立ちサイト【キラリアン】

世間の気になる話題・イベント・旅行・健康情報などが盛りだくさん

風邪のひきはじめの対処法!症状が出たら早めに対策を!

   

風邪

マスク姿の人を見かけると「風邪かな?」と思う季節になりました。酷くなってから病院に行く人もいらっしゃいますが、実はひきはじめの時期に対策をしておくと、あまりひどくならない場合があります。

風邪のひきはじめ症状を知って、早く対処できるようにしておきましょう。

スポンサーリンク

風邪のひきはじめの症状は?

疲れや寝不足が重なると、体が元々持っている免疫力が低下してしまいます。そこにウイルスがやってくると、元気な時ならなんでもない菌でも感染してしまうようになります。

人によって症状は違いますが、喉の痛み・くしゃみ・鼻水・寒気・頭痛や体のだるさなどを感じることが多いですね。このような症状が出たら、風邪を疑って早めに対処をするようにしましょう。

ひきはじめの風邪の対処法

免疫力を上げる

免疫力が低下しているところにやってきたウイルスを撃退するのに有効な手段が、免疫力を回復することです。体内で増殖しようとするウイルスを追い出せるくらい、免疫力を上げましょう。

そのためにはショウガの入った食べ物を摂るのがオススメです。ショウガに含まれている「ジンゲロール」と言われる成分が免疫力を高めてくれます。すりおろしたショウガとハチミツをお湯で溶いて飲むと、体も温まります。

ハチミツには炎症を抑える効果があるので、喉が痛い方にもオススメです。

関連記事:喉の痛みに効く食べ物や飲み物は?はちみつも効果あり

ビタミンCを摂る

引き始めに摂ることで風邪の治りを早めるのが「ビタミンC」です。ビタミンCは水に溶けやすい性質を持っていて、一度にたくさん摂ると過剰な分が体外に排出されてしまいます。1日2・3回に分けてビタミンCを摂取するようにしましょう。

昔ながらの「ハチミツ大根」は大根から出るジアスターゼやビタミンCが摂取できる上に大根とハチミツがもつ消炎効果による炎症の緩和が期待できます。

大根を1cm角程度の大きさに切り、タッパーなどの密閉容器に入れます。そこにハチミツを大根が浸かる程度に入れて置いておきます。数時間から1日程度置いておくと大根の水分が出てきます。その水分を小さなスプーンに一杯飲むだけで、効果があります。

お湯割りにしたり、紅茶に入れたりすると飲みやすいですよ。ちなみにビタミンCはサプリで摂取してもOKです。

体を温める

風邪の症状を感じたら、体を温めるのも効果的です。背中の上部には「風門(ふうもん)」というツボがあります。そこを温めるだけで免疫力がアップすると言われています。

ツボは首を前に曲げた時にポコっと出る骨から指2本分下、さらに指2本分外側のところにあります。東洋医学ではこの風門のツボから邪気が入ってくると言われています。

ツボだけを温めるのではなく、肩甲骨の間の広い範囲を温めてみてください。喉の痛みや悪寒が解消されると思います。

関連記事:風邪のひきはじめに効く薬!市販薬のオススメは?

スポンサーリンク

 - 病気・健康