あなたのお役立ちサイト【キラリアン】

世間の気になる話題・イベント・旅行・健康情報などが盛りだくさん

結婚式での服装、男性のマナー!靴下やシャツなどはどうする?

   

結婚式 服装 男性

結婚式に招待された、となれば準備しなくてはならない物が数々ありますよね。

ご祝儀や式の日の予定を開けておくことはもちろんですが、結婚式に来ていく服装も準備して置かなくてはなりません。

ここでは男性の結婚式での服装について、マナーを踏まえてまとめてみました。

特に分かりにくくおろそかになりやすい靴下やシャツについても解説しています。

スポンサーリンク

結婚式の服装は「黒スーツに白ネクタイ」が間違いなし

結婚式とは、冠婚葬祭の中でもっともフォーマルなものの一つ。

もっともフォーマル=正礼装、つまり正礼装のモーニング・コートや準礼装のディレクターズ・スーツを着ていくのが本来の結婚式のマナーです。

しかし、実際に式に行ってもモーニングを着ているのは新郎新婦のお父様と近しい親戚の方、主賓がほとんどです。

日本には目上の人より出しゃばってはいけないという暗黙のマナーがありますので、一般的な出席の場合はブラックフォーマルスーツに白ネクタイを合わせた略礼装が一番無難で外さない服装でしょう。

「礼服派無いけれど、黒スーツなら会社用に持っているから」という方はちょっとお待ちください、実は黒って素材感がいちばん現れやすいのです。

フォーマル用の黒スーツ一般的なビジネススーツと比べて高額なのですが、マットで深みのある織地が多く着てみると全く見た目が違います。

冠婚葬祭はいつどんな時にあるかわからないものですから、社会人になったら一着礼服と白ネクタイ・黒ネクタイを用意しておくのが男性のフォーマルマナーです。

まだ若いし黒スーツ・白ネクタイには抵抗があるなあ…という場合

20代の男性は「黒スーツ・白ネクタイは年配のもの」と好まない方も多く、若い方のほとんどは通常のスーツで結婚式に出席されています。

スーツの色は濃いグレーや紺と言った黒に近いダークなもの、無地のものがおすすめです。

太いストライプスーツやカラースーツはふさわしくないので注意しましょう。

シャツは白がおすすめ!パステルカラーも人気

シャツの色は白が一番おすすめですし無難です。

ちょっとこだわりたいなという場合は細かな織柄が入っているようシャツを選ぶとおしゃれ度がアップします。

もし白ではつまらないという方は、薄いピンクやブルー、イエローなどのパステルカラー生地ならば問題ありません。

襟の形はレギュラー幅がベストですが、顔の形や体格で似あう形もありますので時間がある時に試しておくのが良いでしょう。

ただしボタンダウンや最近流行りのレイヤードは結婚式ではカジュアルすぎますので、注意しましょう。

ネクタイや靴下選びも重要です

シャツが決まったらネクタイですが、いくらおしゃれでも婚礼の席で黒ネクタイはいけません、葬儀を連想させるからです。

白ネクタイに抵抗がある方でも受け入れやすいのが、光沢のあるシルバーのネクタイです。

また、レジメンタルと言われる斜めストライプ、水玉、格子などの柄は、派手すぎなければつけてもOKです。

その場合も色は派手になりすぎないように気をつけましょう。

靴下ですが、結婚式では基本的に黒のみ、長さはミドル以上で、披露宴で着席した時にスネが見えないようにするのがマナーです。

また、モーニングコートを着用する両家の新郎新婦のお父様はストライプ柄の靴下を履いていますが、これもマナーにのっとっています。

関連記事:結婚式の余興での挨拶!締めにおすすめの例文は?

スポンサーリンク

 - イベント