あなたのお役立ちサイト【キラリアン】

世間の気になる話題・イベント・旅行・健康情報などが盛りだくさん

兼六園の紅葉2015年の見ごろ時期!ライトアップ情報や混雑予想

      2015/08/09

兼六園 紅葉

兼六園紅葉見頃時期2015年ライトアップ情報です。

松尾芭蕉が「あかあかと日は難面(つれなくも)秋の風」と、その美しい秋の風景を詠んだ古都・金沢。

そんな金沢の紅葉の名所と言えば、日本三名園の一つ「兼六園」を思い浮かべる方も多いのではないのでしょうか。

スポンサーリンク

兼六園は「体感」できる名所!人の手が入った究極の美しい紅葉とは?

兼六園は「廻遊式」という、大きな池を中心に山を築き休憩所をポツポツと配置して作りこまれた庭園です。

お寺の書院やお屋敷の部屋の中から風情を楽しむ座観式の庭園とは違い、四季の彩りを心と体で満喫できるスポットなのです。

自然の紅葉とは違った、加賀百万石の庭師技術の粋を集めた「作りこまれた庭園」が兼六園と言えるでしょう。

特に人気が高いのが、霞ヶ池に浮かぶ蓬莱島と一帯を彩る赤や黄色の紅葉です。

また、前述の芭蕉の句碑がある山崎山は別名「紅葉山」と言われるほどの紅葉の名所。

燃え盛るような真っ赤な楓のトンネルをくぐりながら、白い石造りの五重の塔(御室の塔)とのコントラストを楽しめます。

ライトアップと混雑情報!紅葉見ごろ時期・穴場の時間帯もご紹介!

例年、秋の金沢の葉の色づきは11月上旬から始まります。
紅葉を楽しめる見ごろとしておすすめなのは、11月下旬から12月上旬です。

とりわけ11月21日から30日まで開催されるライトアップ「兼六園ライトアップ~秋の段~Ⅱ」は、ちょうど見ごろと重なります。

雪深い金沢の冬から庭園の木々を守る為に施された「雪つり」と紅葉の共演は、見るものを幻想の世界へと誘います。

2015年も昨年に続き、ライトアップにプロジェクションマッピング技術が導入されるとのこと、これは見逃せません!

もちろん紅葉の兼六園はかなりの混雑が予想されており、特に3連休は市内ホテルも満室に近い状態です。

普段はスムーズに入れる兼六園駐車場(普通車554台・バス66台収容 )も、午後になると待ち時間が必要になるほど込み合いますので注意が必要ですね。

実は兼六園の紅葉のピーク時は、開園時間の朝8:00頃に早起きし見学するのが狙い目です。

雨の少ないこの時期に、人影もまばらな兼六園を青空のもと朝露にしっとり濡れた紅葉のじゅうたんの上を歩くのは格別です!

紅葉と一緒にお腹も満足!兼六園グルメのおすすめとは?

兼六園は「歩いて楽しむ庭園。」

その為、疲れを癒せるようなおいしい茶店やお土産店が園内に点在しているのも魅力のひとつです。

兼六園のフォトスナップやポストカードで有名な2本脚の灯篭「徽軫灯籠(ことじとうろう)」近くにある「寄観亭(きかんてい)」であんころもちやお団子でほっと一息つくのも良いですね。

加賀城下餅あんころ 12個入525円 24個入1,050円、加賀治部定食 1,050円~、だんご各種 3本1セット 300円、納豆もち 1個150円

ゆったり1日かけて兼六園を満喫するならば、「瓢池(ひさごいけ)」に突き出した形で建てられた「三芳庵(さんぽうあん)・水亭」でちょっとリッチに京懐石弁当に舌鼓をうつのも素敵な過ごし方です。

お抹茶 500~600円、昼食(茶懐石風弁当)1,500円、2,000円、3,000円 ※夜は要予約

他にも金沢の味や工芸品を楽しめるお店が3店舗あり、それぞれにぎわいを見せています。

スポンサーリンク

 - 紅葉