あなたのお役立ちサイト【キラリアン】

世間の気になる話題・イベント・旅行・健康情報などが盛りだくさん

卒園式のコサージュ手作りでの作り方!色は何色がいい?

   

コサージュ

卒園式にはダーク系のスーツで参加する人が圧倒的に多いと言われています。そんな服装に似合うコサージュを手作りで作ってみませんか?

色の選び方・簡単な作り方を調べてみました。

卒園式用コサージュの色の選び方

3月に行なわれる卒園式、季節は「春」です。コサージュにオススメの色は白・ベージュ・ピンク・淡いオレンジです。スーツの色が暗めなので、あまり明るい色(赤・濃い紫・濃いオレンジなど)は避けましょう。

卒園式の主役は「子どもたち」です。ママが目立ってしまうのはマナー違反となります。あくまでも脇役という立場を忘れないようにしましょう。

簡単!コサージュの作り方

コサージュには造花を使ったもの・生花を使ったもの・布を使ったものなどがあります。意外と簡単に作れますので、是非チャレンジしてみてください。

造花を使ったコサージュ

用意するもの

  • 造花 1本
  • ブローチピン 1個
  • 手芸用ボンド・ハサミなど
  1. 造花の茎を切り落とします。
  2. ガク・花びらの部分を分解します。
  3. 一度分解した花びら・ガクの部分をボンドで張り合わせながら元通り花の形にします。
  4. ガク・ブローチピンにボンドをつけて、固定したら出来上がり。

花だけでは寂しい場合は、オーガンジー素材の布などを葉の形に切り抜いて、花の周りに裏側から貼り付けましょう。またリボンなどで装飾をしても可愛らしく仕上がります。

生花を使ったコサージュ

用意するもの

  • 生花 メインのもの1つ、サブのもの3〜5つ程
  • ワイヤー 少し太目と細いものの2種類あると便利
  • フラワーテープ
  • キッチンペーパー
  • リボン
  • コサージュピン
  • ハサミ
  1. 花のガクの下1〜1.5cmのところで茎を斜めに切り落とす。
  2. 茎の根元にワイヤーを通してワイヤーが茎になるようにする。
  3. キッチンペーパーに水を含めて、茎の先端を覆う。
  4. 3で覆った部分をフラワーテープで巻き、ワイヤーも覆う。
  5. メインの花・サブの花に1〜4の工程を行なう。
  6. 花をまとめて形作り、ワイヤーを適当な長さで切る。(切ったワイヤーや服を傷めないないように先を曲げておく)
  7. リボンでワイヤーの先が見えないようにし、コサージュ全体が華やかになるように装飾する。
  8. コサージュピンをつけて、完成。

花だけでは物足りないと感じたら、葉をつけたり、リボンを数種類組み合わせたりしましょう。花や葉をまとめる際(工程6)はギュッとまとめるようにするとうまくいきやすくなります。まとめ方がゆるいと、外れやすくなりますので気をつけてください。

また、手作りでコサージュを作ることが出来るキットなども販売されています。一から材料をそろえるのが大変だと思う方は、キットを利用してみましょう。

スポンサーリンク

 - イベント