あなたのお役立ちサイト【キラリアン】

世間の気になる話題・イベント・旅行・健康情報などが盛りだくさん

ハロウィンメイクで口裂けを作る簡単な方法や道具を紹介!

   

口裂けメイク

ハロウィンの仮装パーティや仮装パレードに参加するなら、衣装だけでなくメイクにもこだわりたいですよね。

今回は、簡単だけど怖さが倍増する「口裂け」のメイク方法をご紹介します。

ハロウィンメイクとしてももちろんですが、夏の肝試しにも使えます。

スポンサーリンク

怖さ倍増!なのに簡単な口裂けメイクのやり方

用意するもの

  • アイペンシル(白)
  • ファンデーション
  • コンシーラー(明るい色)
  • 口紅(赤・ダークレッド)
  • アイシャドウ(黒・茶)
  • グロス(透明)
  • 血のり(片栗粉と食紅で自作可能)

・メイクのやり方

1)口角の横に、アイペンシルで裂けた口のアウトラインを描きます

2)1で描いたアウトラインを消さない程度に、顔全体にファンデーションを塗ります

3)明るい色のコンシーラーで、1で描いたアウトラインの上をなぞります

4)3で描いたコンシーラーを外側に向かってぼかします

5)口紅の赤を筆にとり、3で描いたアウトラインの内側を塗ります

6)ダークレッドの口紅を5で塗った赤の縁に乗せて、傷の内側に向かってぼかします

7)黒のアイシャドウを6で塗ったダークレッドの上に塗り、傷の色に深みを持たせます

8)さらに黒のアイシャドウで傷口の内側から外に向かって、ランダムに細かなラインを入れます

9)白のアイペンシルで傷の内側のところどころにハイライトを入れ、傷が立体的に見えるようにします

10)傷の内側の部分に透明なグロスを塗ります

11)10で塗ったグロスの上に、血のりを乗せます

12)4でぼかしたコンシーラーの周りに茶色のアイシャドウを塗り、外側に向かってぼかします
 (傷全体が浮かび上がるように)

13)アイペンシルで傷の縁をなぞり、際立たせます

口が裂けた部分の傷のメイクは以上です。さらに本格化させたいなら、傷の周りに赤みを帯びたメイクをすることで腫れなどが表現でき、見た目の「痛さ」を演出することができます。

また、顔全体は白っぽく仕上げ、目の周りなどもダーク系のシャドウで陰影をつけると迫力が増します。

白いカラーコンタクトで黒目をなくしたり、赤いカラーコンタクトで狂気を表すこともできます。

仮装パーティやパレードの会場まではマスクで口裂けメイクを隠し、注目を集めたところでマスクを外すという演出も盛り上がります。
(この場合、メイクが崩れないように注意!しましょう)

上記の他にも、顔全体を白っぽく塗り、口角の横に黒いラインを描いて縫い傷を描くという簡単な方法もあります。口の裂け方も左右対称ではなく片側だけにするなど、自分で色々とアレンジしてみてください。

スポンサーリンク

 - ハロウィン