あなたのお役立ちサイト【キラリアン】

世間の気になる話題・イベント・旅行・健康情報などが盛りだくさん

前橋花火大会2016!穴場スポットや有料席情報!

   

前橋花火大会

花火大会は、ただ打ち上げるだけではなく、水中スターマインやナイアガラなど、様々な仕掛け花火が登場するようになりました。

中でも大迫力の「空中ナイアガラ」、この花火の発祥の地が「前橋花火大会」なんです。

戦前の復興祭として始まり、今年で60回目を迎える前橋花火大会。

前橋花火大会2016年の穴場スポット有料席情報を紹介します。

スポンサーリンク

前橋花火大会2016年の日程は?

各所の花火大会を調べてきましたが、大会のきっかけは「慰霊」や「復興」といったものが多く見受けられました。

人々の願いが遠く空の向こうまで届くように、という意味もあったのかもしれませんね。

特大スターマインに「前橋の願い」と名づけ、開幕した昨年の前橋花火大会。今でも人々の願いを届けたいという思いは変わらずに受け継がれているようですね。

さて、2016年の前橋花火大会の日程は、公開され次第紹介していきます。

天候不順の場合は、翌日の順延。
花火の打上は、19:15~20:45までとなっています。

場所は、「利根川河川敷」及び「大渡橋周辺緑地」
16:00頃から徐々に交通規制がかかるので、お車でご来場される予定の方は、お気を付けください。

前橋花火大会の穴場スポット

そして気になる穴場スポットのご紹介です。

群馬県庁展望台

県庁にはなんと、海抜127mの展望ホールがあり、前橋市を一望できる絶景スポットにもなっています。
入場開始が17時ですが、もちろん人気のスポットなので、早めに並んでおくことをおすすめします。

前橋リリカ屋上駐車場

県庁の展望台を開放というのも、他県民からすればかなり嬉しいサービスなのですが、民間の施設も負けていません。

前橋市の大型商業施設「前橋リリカ」はなんと、大会当日に限り、屋上駐車場を無料開放!

花火もとても綺麗に見えるおすすめスポットです。
さらに、店内にはもちろんフードコートやトイレもあるので、小さなお子さんのいらっしゃる家族連れの方にも安心ですね。

正田醤油スタジアム

打上会場に近いため、迫力のある花火が見られます。
どーんとお腹に響く花火の音に、大興奮間違いなしです!

前橋花火大会の有料席情報

そしてもちろん有料席もご用意されています。
目玉のひとつ、「虹のナイアガラ」を確実に見たい方は、有料席がおすすめ!
しかも駐車場までついている、お席もあります。

【ガーデンテーブル】(5名定員 駐車場1台分付き)
18000円

【イス席】(1名様 駐車場なし)
2500円

【座布団付き団体席Aタイプ】(50名 天然水と駐車場10台分付き)
10万円

【座布団付き団体席Bタイプ】(25名 天然水と駐車場5台分付き)
5万円

前売り有料席はすべて、売り切れ次第終了ですのでお早めに!

スポンサーリンク

 - 花火