あなたのお役立ちサイト【キラリアン】

世間の気になる話題・イベント・旅行・健康情報などが盛りだくさん

ハロウィンメイクで使える道具をまとめました

   

ハロウィンメイク道具

ハロウィンの仮装パーティやパレードに参加することになったら、衣装はもちろんのこと、メイクにもこだわりたいですよね。

そこで、ハロウィンメイクをするために使うと便利な道具をご紹介します。

スポンサーリンク

ハロウィンメイクにあると便利!なメイク道具

ハロウィンの仮装と言うと、「怖いもの」というイメージがあるかと思います。普段は「可愛い」を意識している分、どのような道具があるといいのか、迷う方もいるでしょう。

そんな方にオススメなのが、

1)ハロウィンカラーのペインティング
2)カラーコンタクト
3)血のり
4)白いファンデーション
などです。

特に高いものを用意する必要はありません。100円ショップなどで手に入るものでも十分です。

ハロウィンのメイク道具の使い方と効果

では、それぞれの道具をどのように使えば良いのか、使うことでどのような効果があるのかをご説明します。

ハロウィンカラーのペインティング

紫やオレンジ、白・黒・グレーなどのペインティングは顔はもちろん、腕などに模様を描くのに使えます。顔の陰影を表現したり、ボディペインティングとしても使えます。

スポーツ観戦の際などにも使われるものが、落としやすくオススメです。

カラーコンタクト

普段はオシャレでカラコンを使っている方も、ハロウィンは「怖さ」を演出するために使ってみましょう。

黒目が白く見えるようなもの、また目が真っ赤に充血しているように見えるもの、などがあります。

魔女・ゾンビなどの仮装で迫力が増しますのでオススメです。

目に直接入れるものですから、カラコンを選ぶ際は安全で信頼できるメーカーのものを使うようにしましょう。

また、使用後に何か問題が発生したら、すみやかに専門医を受診するものポイントです。

血のり

ドラキュラの口の脇からあふれる血、ゾンビの腕の傷から流れる血、など幅広い表現方法がある血のり。ペインティングによる表現よりも、ぐっと怖さが増すのが「血のり」です。

食紅と水溶き片栗粉などで簡単に自作もできますので、ぜひ用意しておきたい道具の1つです。

周りをあっと驚かせるメイクをするのにオススメです。

白いファンデーション

ハロウィンに活躍するキャラクター達は、顔色が良いよりも白っぽい方が似合います。下地に普段使っているものを使えば、ファンデーションは100円ショップで調達したものでも構いません。

衣装から見える腕や首にもしっかりと塗って、お化けらしさを演出しましょう。

スポンサーリンク

 - ハロウィン