あなたのお役立ちサイト【キラリアン】

世間の気になる話題・イベント・旅行・健康情報などが盛りだくさん

桃の節句の由来とは?ちらし寿司・白酒・はまぐりなどを食べる理由は?

   

3月3日は「ひなまつり」、別名:桃の節句とも言います。女の子のお祭りとして楽しまれていますが、元々は「上巳の節句」と言われていました。それがなぜ桃の節句へと変わったのでしょうか。

桃の節句由来を見て行きましょう。

スポンサーリンク

上巳の節句から桃の節句へ

ちらし寿司

「上巳」と言うのは、3月の上旬にある「巳の日」という意味です。夏の「土用の丑の日」のように、毎年日付が変わっていましたが、日付が変わらないように3月3日に固定されました。

古代中国で始まった「上巳節」に起源があると言われている上巳の節句は、季節の変わり目であり邪気払いの行事として中国から日本へ伝わってきました。

その頃、日本では邪気払いの際に人形(ひとがた)に自身のけがれなどを移して、身代りに川に流す「流し雛」の風習がありました。それが上巳節と結びついたのが日本独特の桃の節句の始まりとされています。

3月3日はちょうど桃の花が咲く頃で、桃には魔除けの力があるとされていたので上巳の節句が「桃の節句」として定着するようになりました。

後に江戸幕府によって3月3日が「桃の節句」として定められました。その頃から人形が「その家の娘の厄を受ける」ということで、家の財力によって華やかになっていきました。ひな人形が豪華な祭壇になったのは割と最近のことなのです。

桃の節句にいただく料理について

桃の節句にはひな人形とともにお祝いのお料理を用意します。用意される料理にもそれぞれ理由があります。一体、どのような意味があるのでしょうか。

ちらし寿司

現在はひなまつりにちらし寿司を食べるのが当たり前のようになっていますが、明確な由来と言うのはハッキリと分かっていません。ですが、具材に縁起の良いものを入れることで、お祝いの膳にふさわしい食べ物となっています。

具材の意味としては、

えび:腰が曲がるまで長生きできるように
れんこん:遠くまで見通しがきくように
豆:まめに働けるように
菜の花:春の恵みに感謝する

と言われています。「お祝いの場を華やかにして、春を楽しむ」と言う気持ちで、いただきましょう。

白酒

中国で長生きの象徴とされていた「桃香酒」という桃の香りがするお酒が白酒の元、と言われています。厄除けの効果もあるとされていたため、桃の節句に飲まれるようになりました。

胎内に悪い子どもが宿らないように、という意味で白酒を飲むようになったようで「大人の飲み物」です。アルコール分が入っているお酒なので、子どもに飲ませることはできません。

子どもと一緒に楽しむ場合は「甘酒」を飲むようにしましょう。

はまぐり

はまぐりの貝殻は、元から対になっている同士でないとピッタリと合わないようになっています。そのため、一生涯にわたって一人の人と連れ添えるようにという願いを込めて、桃の節句に食べています。

スポンサーリンク

 - イベント