あなたのお役立ちサイト【キラリアン】

世間の気になる話題・イベント・旅行・健康情報などが盛りだくさん

長岡花火大会 2016年の日程!観覧席のチケット情報など

      2016/05/08

長岡花火大会

日本三大花火大会のひとつにも数えられる「長岡花火大会
昭和20年、空襲の翌年から始まったとされ、平成16年の中越地震まで、慰霊と復興の願いを込めて打ち上げられたそうです。

そんな歴史ある花火大会ですから、もちろん打ち上げられる花火はどれも逸品揃い。
そして、日本三大花火に選ばれるだけあって、規模も他の花火大会よりも大きく、なんと二日にかけて行われます。

スポンサーリンク

長岡花火大会 2016年の日程は?

2016年日程は、8月1日に「前夜祭」が行われます。

花火大会が開催されるのは本祭の、8月2日と3日。日程が合えばどちらも楽しみたいところですし、どちらか都合がつかない場合でも、1日は楽しめるのが嬉しいですね。

1日目は恋人と、2日目は友達と、なんてのもいいですね。まあ恋人がいればの話なんですけね!いればの話!

まあそうなってくると、当然観覧者数もえらいことになります。例年90万人を超える人出があると言われています。もうちょっとした村や町ができそうです。

ちなみにカレンダーを確認すると、2日が日曜日、3日が月曜日なので、月曜日の方が人は少ないかな、と思います。

90万人規模の花火大会なんて、人混みでゆっくり見られないのではないか、と思いますが、そういった時のための有料席です。
多人数でも、個人でも、シチュエーション別にお席が販売されています。
も一度言いますけど、個人向けのお席もございます。おひとり様花火もこれで怖くない!

個人向けのお席は、指定されたエリア内でしたら、どこでも好きな席に座れるタイプや、自分の席は自分で決める!という方向けの、パイプ椅子席と、なんかおひとり様に優しいぞ・・!という感じになっています。

長岡花火大会の観覧席のチケット情報

【左岸マス席】
1マス 15.000円(180cm×180cm、6人まで。堤防内のみブルーシート付)
堤防内か堤防上、どちらかのお席になりますが、指定はできません。

【左岸イス席】
一人 3.000円
堤防内、競技スタンド、陸上競技フィールドと3種類設けられており、こちらも場所は指定できません。

【右岸マス席】
1マス 15.000円(180cm×180cm、6人まで。ブルーシート付)

【右岸指定席】
一人 3.000円
花火全体が見られる絶好のポジションです。

【フェニックス席】
一人 2.000円
その名のとおり復興祈願花火「フェニックス」が、ベストなパノラマで見ることのできるお席です。

【カメラマン席】
1マス 5.000円(300cm×150cm、二人まで。三脚使用専用者)
こんなお席があるなんて・・!ひたすら花火を写真に収めることに特価したお席です。

【身体障碍者席】
1組 4.000円(駐車場代含む、1組4名まで。障碍者一人に付き、介助者一人以上)
さいわいプラザ屋上を利用した専用席です。

【右岸3日限定席】
一人 3.000円
3日目のみ、右岸マス席後方に設定される指定席です。

バリエーションに富んだお席が用意されているので、どこからどんなふうに見たいのか、で選べるのがいいですね!

スポンサーリンク

 - 花火