あなたのお役立ちサイト【キラリアン】

世間の気になる話題・イベント・旅行・健康情報などが盛りだくさん

七草粥の意味や由来!どんな歴史があるの?

   

七草粥

1月7日の朝に食べる七草粥。
文字通り7種類の菜っ葉を入れて作ったお粥なのですが

ご自宅で食べていますか?

クリスマスから続いているヘビーな食事のために
疲れた胃を休めるためのもの。とも言われていますが

七草粥意味由来。歴史などはどういったものなのでしょうか。

スポンサーリンク

七草粥の意味や由来って何?

もともとは中国より伝わって平安時代中期ごろから始まった七草粥の習慣。

邪気を払って1年の健康を祈り
中国においては官吏への登用試験に受かるためのゲン担ぎの意味もあったようです。

そんな七草粥実は最初はお粥ではなく、汁物だったのが
日本の習慣になじんでお粥に変わったと言われています。

そして時は経ち、七草粥が人々の生活に根付いた習慣となった江戸時代に
幕府が5つの節句を定めます。

1月7日の人日。
3月3日の上巳。
5月5日の端午。
7月7日の七夕。
9月9日の重陽。

その人日の節句に7草を入れたお粥を食べることで
1年のはじまりに無病息災を祈る習慣へとさらに根付いていくことになります。

重陽の節句にも菊の花をお酒に浮かべて飲んで邪気を払う習慣があるので
5節句の際には健康を祈り邪気を払う節目の日として人々に迎え入れられているようです。

七草粥に入れるもの

七草粥に入れる春の七草は
一般的にセリ・ナズナ・ごぎょう・はこべら・仏の座・すずな・すずしろ
とは言われていますが地域ごとに違う7草が使われているようです。

今はスーパーなどでも7草粥セットとして
7草がセット商品として売られていますね。とてもお手頃です。

では一般的な7草の効用など。

  • ・セリ
    良い香りがする水辺で見かける山菜です。
    ビタミンCやミネラルが豊富で
    鉄・食物繊維を多く含み、貧血・便秘に効果があります。
  • ・ナズナ
    いわゆるぺんぺん草。
    カルシウム・鉄分・ビタミンが豊富で血圧を正常に保ち高血圧の予防になる。
  • ・ごぎょう
    風邪良く効く効能があるといわれている。
    草餅の材料として最も古く使われたと言われている。
  • ・ハコベラ
    たんぱく質・ミネラルを多く含み
    整腸効果・利尿作用がある。
  • ・ホトケノザ
    タンポポに似た外見。
    民間療法で風邪や胃の薬として使われることが多かった。
  • ・スズナ
    野菜のかぶ。ビタミンを多く含む。
  • ・すずしろ
    野菜の大根。消化促進して風邪の予防にもなる。

とてもヘルシーで胃にも健康にも体にも良さそうな7草粥。
1年のはじまりの節句を日本の年中行事食で過ごすのも良いでしょう。

スポンサーリンク

 - 年末年始