あなたのお役立ちサイト【キラリアン】

世間の気になる話題・イベント・旅行・健康情報などが盛りだくさん

ノロウイルスの予防や対策!アルコールより手洗いうがいがおすすめ!

   

ノロウイルス

食中毒というと夏のものというイメージがありますが、冬も感染性胃腸炎というウイルス由来の食中毒が起きてしまう場合があります。

この原因が、あの有名なノロウイルスです。

ノロウイルスが一度体についてしまい、何かの拍子に口から体内に入ってしまったら最後…酷い下痢・腹痛・発熱・嘔吐に襲われて、平均で3日間の間苦しむことになり兼ねません。

そうなってしまう前に、ノロウイルス予防対策法を知っておくと便利です。

スポンサーリンク

ノロウイルスの予防と対策は「取りさる」と「殺菌」

ノロウイルスは大変感染力が強く、しかもなかなか死滅しない厄介なウイルスです。
ちなみに感染源は主に2つと言われています。

  • 生カキなどの2枚貝、又はそれに触れた調理人が他の食品に触れてしまい汚染した食物
  • ノロウイルス感染者の吐しゃ物や排泄物からの2次感染

特に2次感染は、職場や学校など集団で生活している場合に、被害者が一気に増えてしまう恐れがありますので対策が必要です。

というのも、ノロウイルスは吐しゃ物や排泄物の中に多く含まれている為、これらの処理法を間違ってしまうとウイルスが残ってしまって空気中に巻き散らされてしまうからです。

ノロウイルスの感染力の強さですが、ある病院で嘔吐物の処置が不十分だったため、空調の中をノロウイルスが通って感染が広がってしまったというケースが報告されています。

ちなみにノロウイルスは85度以上の熱に90秒当てることでほぼ死滅します。
食品の場合は、加熱することで安心していただくことが出来ます。

吐しゃ物や排泄物からの2次感染を防ぐ為の対策法は、手袋・メガネ・ゴーグル・マスク等でしっかり身を守り、雑巾やキッチンペーパーなどを使って行いましょう。

床や壁などに吐しゃ物がついている場合は、ふき取り時にウイルスが飛び散りますので、身を守っていない方は作業してはいけません。

ふき取りが終わったら、ハイタ—など塩素系の漂白剤やクレベリンなど二酸化塩素の薬剤を浸す位たっぷりと使ってふきあげ消毒します。

アルコールにはノロウイルスを消毒する働きがありませんので注意しましょう。

この時使った雑巾やペーパーは、ビニール袋にひとまとめにして処分するのが鉄則です。

本当は感染した方が着ていた衣服やシーツ類なども処分するのがベストなのですが、そういう訳にもいかない場合が多いと思います。

その場合は衣類用洗剤で手洗いした後、85度以上の湯で1分半以上洗浄し、ハイタ—など塩素系の漂白剤やクレベリンなど二酸化塩素を薄めたもので消毒します。

また、布団などそうそう洗えず厚手で乾きにくい物には、アイロンを使うというテクニックもあります。

とにかく手洗いうがいが最適な予防策です

今やビルや病院、公共の施設の出入り口には必ずと言って良いほどアルコール消毒器が置いてあります。

ところが先ほどお伝えした通り、ノロウイルスはアルコールに影響をほとんど受けず、殺菌作用は全く無いと言って良いでしょう。

ノロウイルスの予防・対策法の一番は、やはりこまめで正しい手洗いとうがいに限ります。

特に人の出入りが多い場所は、ドアノブだけではなく壁や机などにもノロウイルスが付着している可能性が高いの注意が必要です。

スポンサーリンク

 - 病気・健康