あなたのお役立ちサイト【キラリアン】

世間の気になる話題・イベント・旅行・健康情報などが盛りだくさん

入学祝いのお返し『のし』の書き方や品物の相場は?

   

入学祝い

お子さんの成長の節目としてとても喜ばしい入学ですが
親戚や知り合いの方に、入学祝いを頂くこともあるかと思われます。

我が子の年齢と成長を気にして頂けることは
親としてとても有難いことですね。

いただいてとても嬉しい入学祝ですが
気になるのが、お返しはどうするのか。ということ。

地域差はあれど、実は入学祝いってお返しはしなくても良いものなんです。

スポンサーリンク

入学祝いのお返し

小学校入学であればランドセル
中学校以上であれば制服やかばんなど

色々と物入りの入学シーズンにあわせて贈られる入学祝いは
お子さんの用品を購入するためのものとして
お子さん宛てに贈る。という意味合いが強く

子供に対しておくったものに子供がお返しはしなくても良い。
という考え方が多数をしめるようです。

まずは頂いてから3日以内にお礼の電話を入れることを心がけましょう。
いただいたらすぐに。お礼の電話をする。という捉え方でいいと思います。

基本的には電話でお礼を言ってお返しは無し。で構わないものなのですが

お返しに関しては地域差や個人の考え方の違いがあります。
まずはお住まいの地域の風習がどうであるのかを確認しましょう。

そして、お返しをするのは決して悪いことではないので
感謝の気持ちを込めるためにも少しばかりのお返しを包むのも良いと思いますよ。

『のし』の書き方

入学祝いのお返しを包む場合の「のし」ですが
書き方としては

紅白のリボン結びに
『内祝』と入れて名前は子供の名前を入れましょう。

品物としては何でも良いとはいえ、NGなものもあるので注意です!
NGなものは

  • お金
  • 肌着
  • 腰から下に身に着けるもの

というわけで、送ってしまいそうな可能性がわずかでもあるのはお金だけですね。
お金もNGですよ!

入学祝いとして頂くことが多いのが現金なので
お金にお金でお返しするのはやはりおかしいですものね。

では、頂いたのが現金ではない場合。
お祝いとして品物を頂くような近い間柄にいる人、例えば自分の親などには
お返しは考えなくてもいいのかもしれません。

お返しをする場合は
相場としては頂いた額の1/3程度のものを包むと良いでしょう。
お菓子などが一般的にお返しとして贈られることが多いようです。

相手の好みによってお菓子であったり
今流行の選べるギフトなども喜ばれるかもしれませんね。

もしも、距離的に可能であったなら
お子さんと一緒に感謝の気持ちを伝えつつ
内祝いをお渡しするのが一番いいのかもしれません。

小さいながらにお子さんも「ありがとう」が言えると
とても良いですね!!

スポンサーリンク

 - イベント