あなたのお役立ちサイト【キラリアン】

世間の気になる話題・イベント・旅行・健康情報などが盛りだくさん

おせち料理の意味やいわれって何?かまぼこなどにも意味がある?

   

おせち料理

年末に近づいてくると、年越しをどこで迎えるのかが話題に上がることも増えてきますよね。

海外の旅行先で迎えるという方も増えていますが、家族と家で迎えるお正月がまだまだスタンダードな過ごし方ではないでしょうか?

そんな家族や親せきが集まるお正月料理の主役と言えば、やはりおせち料理。

重箱に詰められてこたつや食卓の主役として君臨する、お正月料理のアイコン・それがおせちです。

ところでおせち料理には、様々ないわれがあるってご存知ですか?

ここでは、知っておくと家族に一目置かれること間違いなし!のおせち料理意味やいわれについてまとめてみました。

スポンサーリンク

おせち料理の意味やいわれ

おせち料理に入っている料理って、独特ですよね。

例えば伊達巻を思い出してみてください。

普段食べる卵焼きとは一線を画した形状とスイーツのような甘さ、そしてあのフワっとしつつジューシーな食感。

伊達巻だけではなく、他のおせちメニューもとても手が込んで作ってあります。

お正月の期間ってせいぜい3-5日なのに、何故なのでしょうか?

実はおせちには「年神様へのお供え物」と言う位置づけの神聖な料理といういわれがあるのです。

年神様とは幸せで充実した一年を迎えられるように、新年になると人々の元へやってきて下さる神様です。

年神様の”とし”の語源は、農耕民族の日本人が生きて行く為に大切だった「作物」特に「米」が実をつける事をさしていると言われています。

年神様におせち料理をお供えし、家族にこれからの一年が良い年であるようにと願いが込められているのがおせち料理の持つ大きな意味なのです。

また年神様とはその家の先祖の霊が姿を変え、山や田からやってきて私たちを守ってくれていると信じられていました。

遠い先祖のおじいちゃん・おばあちゃん達の霊をおもてなしする為の心づくしのお供え、それがおせち料理なのかもしれません。

かまぼこはあの「元旦の象徴」を表しています

そんなおせち料理には、一品一品それぞれいわれがあります。

数の子(子孫が栄える)、黒豆(まめまめしく過ごせるように)、田作り(小魚を田んぼの肥料にしたところ豊作になった)のいわれは有名ですが、かまぼこにも重要ないわれがあるのをご存じですか?

実はかまぼこをスライスした時の半月上の形には、初日の出を象徴するといういわれがあるのです。

お正月のかまぼこはめでたさを演出するために、ピンクと白の紅白かまぼこを飾りきりなどで饗して、私たちの目も楽しませてくれる一品ですね。

おせちのいわれや意味を家族で話ながら、ゆっくりおせちを楽しむのも、日本人ならではの素敵なお正月のひとときになるに違いありません。

スポンサーリンク

 - 年末年始