あなたのお役立ちサイト【キラリアン】

世間の気になる話題・イベント・旅行・健康情報などが盛りだくさん

お年玉の相場はどれくらい?小学生や大学生にあげる場合など

   

お年玉

もういくつ寝るとお正月~。という歌を口ずさむにはまだ少し早いですが、子供たちにとっての三大イベント、誕生日、クリスマス、お正月(お年玉)のうちの二つが、肉眼で確認できるくらいの距離に迫り、親御さんたちのお財布がざわめき始めるこの季節。

お年玉相場をチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

お年玉の相場はいくら?

お正月のお年玉は、親御さん達だけではなく身内は近しいところに子供がいる方にも心ざわめく習慣です。さらに気がかりなのが「相場」。

この少子化の時代と言えど、それに比例するかのように家計は厳しくなる一方。消費税増税から個人の支出額は未だ右肩上がりにはなっていないというニュースさえ耳にします。

しかし、当時自分たちが子供ながらに思っていた「あのおじさん意外とケチだな」「あのお兄さん太っ腹だな」という、金額に対する評価を考えると、その子の年相応の金額というものをしっかり把握しておかなければいけません。

年代別、お年玉の相場

だいたいの妥当と思われる金額です。もしかしたら地域によっては差があるかもしれませんので、大体の目安としてお使いください。

【小学校入学前】 2000円
【小学校低学年】 3000円
【小学校高学年】 3000円
【中学生】 5000円
【高校生】 5000円
【大学生】 10000円

だ、大学生にいちまんえんかー・・そうだよなーと思いつつも、同じ成人としてこっちが貰いたいくらいだわ!とも思ってしまいました。

ちなみに、0~2歳くらいのまだお金の意味がわからない年齢の子には、お金よりもお菓子やおもちゃをあげるという意見も見受けられました。

金額のせめぎ合いとなるのが、小学校高学年~ですが、これはお付き合いの程度によっては少し上乗せする場合もあるようです。特にその年に入学を控えていたりする場合、入学祝いや合格おめでとうの意味も込めて多めに渡すこともあるようです。

お金以外もプラスで

また図書カードや、最近ではミュージックギフトカードを添える人もいるそうです。これだと親に貯金という名目で取り上げられることがなくていいですね。そういう家庭だと、「ナイス親戚のおじさん!」と思われることもなくはないかもしれません。

また、平等を期すために、親戚同士で金額設定を決める、という方法を活用してる方もいるようで、その際には「年齢÷2×1000円」という基準を用いているそうです。

最後に金額もそうですが、お年玉のマナーのひとつとして大事なのは、上司など目上の人のお子さんにお年玉をあげるのはマナー違反ということです。

これは意外に知られていなかったようで、あげるとしたら「お年賀」として、品物や商品券など直接お金を渡すことは避けたほうがいいようです。

スポンサーリンク

 - 年末年始