あなたのお役立ちサイト【キラリアン】

世間の気になる話題・イベント・旅行・健康情報などが盛りだくさん

お雑煮は全国でここまで違いがある!味噌やだしに特徴が!

   

お雑煮

お正月に欠かせないものと言えば何ですか?初詣・お年玉・おせち料理etc...思い浮かぶものがたくさんあると思いますが、お雑煮を食べると言う方も多いと思います。

そんな「お雑煮」ですが、実は日本国内でとても色々な食べ方をされているのをご存知ですか?全国では、どんな特徴のあるお雑煮が食べられているのか、ご紹介したいと思います。

お餅

お雑煮の主役、と言えばお餅ではないでしょうか。お雑煮に使うお餅にも色々な使い方がありました。

  • 角餅と丸餅
  • 焼いて入れるか、そのまま煮るか

一般的には東日本では角餅を焼いたもの、西日本は丸餅を煮てお雑煮を作ります。境界にあたる富山・石川・岐阜・三重・和歌山の地域では両方が混在しているというから、面白いですね。

だし

関西風の代表と言われるのが白味噌のお雑煮です。が、西日本でも近畿・福井・四国の東部以外はしょう油のお雑煮がメジャーになっています。

変り種としては出雲や能登半島の一部で「小豆雑煮」を食べる風習のある地域があります。味噌味がメインの関西地区でも赤か白、どっちの味噌を使うのか、好みが分かれます。

各地のお雑煮

岩手県

朝ドラで注目を集めた岩手県。三陸沿岸のある地域ではお雑煮のお餅にクルミで作ったタレをつけて食べる習慣があります。

お雑煮自体は焼いた角餅をしょうゆ味のだしに入れて作りますが、そのお持ちを一旦取り出してクルミを擦って、砂糖・しょう油で味付けたタレにつけるのだそうです。

東京都

地方からの出身者が多い東京では、それぞれの家によって味付けが異なります。「江戸風雑煮」は、焼いた角餅をしょうゆ味のだしに入れ、小松菜や鶏肉を具材にするのが定番です。

新潟県

雪の多いことで有名な新潟では、越冬の準備も兼ねて具沢山のお雑煮を作ります。焼いた角餅をしょうゆ味のだしに入れ、大根・人参・里芋・牛蒡・ほうれん草・こんにゃくなどの具をたっぷり入れます。

そこに塩鮭を入れてイクラをトッピングすることが多いのだとか。鮭とイクラの「親子雑煮」なんて、食べてみたいですね。

京都府

丸餅を焼かずに、西京味噌のだしに入れます。具材は大根や里芋などとシンプルです。最後に、花鰹をトッピングしていただきます。

島根県

出雲地方の一部では「小豆雑煮」が食べられます。塩味のすまし汁に丸餅を焼かずに入れ、煮小豆を乗せて完成です。最近ではぜんざいをお雑煮として食べたり、小豆雑煮に砂糖を混ぜて食べることも多くなりました。

香川県

昆布とカツオでだしをとった白味噌の汁にあん餅を入れます。大根・人参など具材はそれぞれの家によって変わります。砂糖が貴重だった時代に「せめて正月は贅沢に」と祝った、昔の人たちの思いが込められています。

長崎県

海の幸・山の幸に恵まれた長崎県は、お雑煮にも大根・人参・牛蒡・しいたけ・焼き豆腐・かまぼこ・牡蠣・ブリ・鶏肉など10品以上の具材が入ります。しょう油仕立てのだしに焼いた丸餅を入れます。

スポンサーリンク

 - 年末年始