あなたのお役立ちサイト【キラリアン】

世間の気になる話題・イベント・旅行・健康情報などが盛りだくさん

2015年の立春はいつからいつまで?どんな意味があるのか?

   

立春

暦の上での春、立春。実際にはまだ春とは程遠い気温ですが、立春を迎えると気持ちだけでも春の訪れを鼻先に感じることができますよね。
では2015年の立春いつからいつまでを指すのでしょうか。そしてどんな意味があるのでしょうか?

スポンサーリンク

立春はいつからいつまで?

「え?1日だけじゃないの?」と思った方もいらっしゃると思います。もちろん私もこの記事を書くにあたって調べるまではそう思っていました。そして日にちがほかの行事のように固定されていないことにも疑問を覚えました。

立春というのは「春の始まり」を意味します。この他にも、夏至、秋分、冬至とあり、それぞれに四季の始まりを意味します。

これらは二十四節気といい、一年を24に分けたうちのひとつに当たります。
二十四節気は、太陽の黄道上の動きを15度毎に24等分して決められており、太陽の角度が315度の時を「立春」と呼びます。

そしてそのことから2015年の立春は2月4日から2月18日の「雨水」の前日までとされます。

ん?ここで聞き慣れない言葉が出てきましたね。「雨水」とは先程の24分割した二十四節気名のひとつで、立春の次の節目になります。

立春は節分の翌日の一日だけを指すとばかり思っていましたが、期間を指す言葉だったとは初めて知った方も多いのではないでしょうか。

立春の意味とは?

そしてこの立春、春の始まりを意味すると書きましたが、具体的にはどんな意味があるのでしょうか。

まず「春の始まり」の節目の日、すなわち冬と春を節分けをするという意味があります。

節分け、という言葉から想像に容易い「節分」がこの前日にあたります。これはお正月の前日の大晦日のような意味合いがあります。
そして二十四節気の最初の節目、一年の始まりという意味もあります。

このようなことから、新しい年を迎える前に厄災を払って良い一年になるように願いを込めたい。という節分の行事になります。

以前の節分の記事でも書きましたが、豆を撒くことで厄災を払い新し一年に備えるという意味では、大晦日を同じくらい大切な行事のように思えていました。

普段何気なく執り行っている行事も、意味を調べてみるとしっかりとした理由があるということ。またそれらの意味をあまり理解していなかったことに、驚きと少しの恥ずかしさを感じました。

デパートやコンビニの商戦でなんとなく関連商品を手にし、「行事を全うしている!」という気になっていましたが、これからはもっと意味合いに沿って過ごしてみたいと思います。

スポンサーリンク

 - イベント