あなたのお役立ちサイト【キラリアン】

世間の気になる話題・イベント・旅行・健康情報などが盛りだくさん

さいたま市花火大会2016!穴場スポットや場所取りのおすすめ

   

さいたま市花火大会

「さいたま市花火大会は年に3回ある」・・という都市伝説のようで都市伝説ではない。

ほんとうにさいたま市花火大会は3回行われるんです。
それもひとつの会場ではなく、3つの会場で、それぞれ別々の日時に開催されるというとても奇妙な花火大会なんです。

さいたま市花火大会2016年日程や、穴場スポット場所取り情報です。

さいたま市花火大会2016

「大和田公園」「東浦和大間木公園」「岩槻文化公園」の3箇所で開催され、すべての会場の打上総数は約14000発と、埼玉県で最も規模の大きい花火大会です。

まあ、会場3箇所も使ってたらそうだろ、という厳しい意見は置いといて、各会場の穴場スポットや場所取りのおすすめ情報をご紹介していきます。

まずは大和田公園会場。
開催日時は、7月30日(木) 19:30~21:00(2016年の日程は発表され次第こうかいします。)

穴場スポット?

穴場スポットは・・
【大宮第二公園 第三公園】
会場となる大和田公園の隣。会場ほど混雑はしていませんが、打ち上げ花火なら問題なく楽しめます。・・というのも、第三公園は仕掛け花火が見えない距離にあるので、全ての花火を楽しみたいという方は、第二公園がおすすめです。

【市民の森】
こちらも大和田公園から近くにある公園です。ですが、アクセスがメイン会場のある大宮公園駅ではなく、JR宇都宮線 土呂駅近くなので、帰りの混雑にも巻き込まれることのない穴場です。
こちらは場所取りにもおすすめです。

第二の日程

次に東浦和大間木公園。
開催日時は、8月8日(土) 19:30~21:00(2016年の日程は発表され次第こうかいします。)

穴場スポットは?

そしてこちらの穴場スポットは・・
【武蔵野線陸橋の上】
東浦和駅から武蔵野線沿い、南浦和駅方面に歩くこと7分程で、この陸橋が見えてきます。ここが案外隠れ家スポットだそうです。
しかし、会場付近のように交通規制がありませんので、注意して観覧してください。

【イオン浦和美園店 屋上】
こちらもまだあまり知られていない穴場スポットです。
会場からは少し離れていますが、屋上なので高く上がった花火も見えますし、何よりトイレがあるため、小さなお子様連れの方におすすめです。

第三の日程

最後に岩槻文化公園です。
開催日時は、8月16日(日) 19:30~21:00(2016年の日程は発表され次第こうかいします。)

穴場スポットは?

こちらにももちろん穴場スポットがあります!
【川通公園】
会場となる岩槻文化公園のすぐ近くです。最寄りの東岩槻駅からの便も良く、それなのにあまり混雑しないというところが、おすすめです。

【アピタ岩槻店の駐車場】
少し会場からの距離もあるため、車で来られる方におすすめです。
打上花火は綺麗に見られます。

公園だと午後からのんびりと場所取りを始めて、ごろごろしながら開催を待つ、といのもいいかもしれません。
しかし炎天下になりそうな場合は、無理をせず、熱中症対策はしっかりと行ってください!

スポンサーリンク

 - 花火