あなたのお役立ちサイト【キラリアン】

世間の気になる話題・イベント・旅行・健康情報などが盛りだくさん

山王祭2015年の日程は時間は?富山や東京で開催

   

山王祭

先日北陸新幹線が開通し、今まで以上の盛り上がりを見せそうな富山県の山王祭
お祭りと言えばお神輿ですが、山王祭はそれだけではありません。

屋台です。いや、屋台ぐらい全国各地のお祭りでも普通だろう。そう思いますが、来場者の胃袋を120%満たしてくれるであろう、屋台の数です。その数約800店。800もの屋台がひとつのお祭りにずらりと並ぶことは、東京でもそうそうないと言われています。

スポンサーリンク

山王祭の日程や時間は?

そんな山王祭の2015年の日程は、5月31日~6月2日にかけて三日間開催されます。
時間は7:30~21:00くらいまで。

先程もちらっと書いた屋台ですが、だいたい
5月31日 15:00~22:00
6月1日 9:00~22:0
6月2日 9:00~21:00
ぐらいです。

屋台によっては完売などの理由で早めに閉めてしまうところもあるので、目安程度に。毎年日程が決まっているため、よほどの悪天候ではない限り、中止や順延はないそうです。

さらに前日の5月30日には前夜祭として「宵祭り」が行われます。
この日は、巫女による奉納舞や、無事を願う祈願などが行われます。日程に余裕のある方はこちらにも足を運んでみるのもいいかもしれません。

富山や東京で

さて、「山王祭」といえば、東京でも同じ名前のお祭りが開催されています。
今回は富山の「山王祭」についてご紹介していますが、これは富山市の「日枝神社」で行われている、春の「山王祭」です。

東京で行われている「山王祭(天下祭)」も「日枝神社」です。
これは比叡山にある「日吉神社」の山王祭が始まりとされており、「日吉神社」、「日枝神社」にゆかりのあるお祭りを「山王祭」と言っています。

なので調べてみると、滋賀県大津市の日吉神社の例大祭や、岐阜県高山市城山にある日枝神社の例大祭など、ほかの地域でも山王祭と名のついたお祭りがあります。

富山の「山王祭」は、1690年に富山藩二代目藩主の前田正甫が神輿を寄進したことから始まったお祭りです。

「さんのさん」の愛称で親しまれ、富山最大のお祭りとして、毎年40万人もの人が訪れます。

東京の「山王祭」は、日本三大祭りのひとつとも言われる「日枝神社山王祭」
また、江戸の三大祭りの筆頭とも言われています。

江戸時代の伝統芸能である邦楽を始め、お茶、お花など様々なイベントで楽しませてくれるお祭りです。

見所は都会の中心をビルを背景に練り歩く祭礼行列。神楽囃子や山王太鼓といった、日本古来の伝統ある文化と現代文化の建造物との対比が、新旧の日本文化の素晴らしさを改めて感じさせてくれることと思います。

スポンサーリンク

 - 祭り