あなたのお役立ちサイト【キラリアン】

世間の気になる話題・イベント・旅行・健康情報などが盛りだくさん

節分の由来や意味って何?子供向けの簡単な説明は?

   

節分

幼い頃から「豆を撒き、一年の邪気を払う」というぼんやりとした理由で行ってきた節分ですが、実際の由来や詳しい意味の説明を求められた場合、戸惑う方がほとんどかもしれません。

さらに子供への説明となると、その意味を理解し噛み砕いて伝えるというのはなかなかに困り事かもしれません。

スポンサーリンク

節分の由来とは?

まず節分は2月3日、「季節を分ける」という意味を含んでいます。つまり季節の変わり目ですが、それなら一年で四回行わなければなりません。その通り本来節分は、春・夏・秋・冬とどの季節にもあるのです。

その季節の分かれ目と言われるのが、立春・立夏・立秋・立冬です。2月3日の節分は立春の前日に行われます。これは「春夏秋冬」と書くとわかりやすく、一年の始まりとされるのが春だからなのです。

つまりこの一年の始まりとされる季節、その分かれ目、その前日に「災いや不幸のない一年になりますように」との願いをこめると言われています。

そして一番気になるところは「豆まき」です。
なぜ豆なのか、そしてぶつける相手はなぜ鬼なのか。

これは、昔京都でみんなを困らせていた鬼を、神様のお告げにより、豆を鬼の目に投げて退治した、という話があるのです。

しかしながらそれでもなぜ神様は豆を投げろと告げたのか。
「鬼=魔」 魔(ま)を滅(め)っする
という言葉が由来とされています。

なんだ、ダジャレじゃないか。と思いますが、日本古来からの行事等はたまに言葉遊びのようなものが由来しています。言霊という意味合いが強いのでしょうか。

そしてこのような経緯により、その年が無病息災で過ごせるようにとの願いを込め、豆を撒くようになったのです。

子供向けの説明は?

しかし大人はこれで納得できても、子供たちからは「なぜ炒った大豆でなければいけないのか」という質問が飛んできそうです。

身近な豆とされる枝豆だって豆じゃないか。と言われればそうなんですが、「炒った大豆」にこだわる理由もきちんとあるのです(地域によっては落花生の場合もあります)

まず生の豆はそこから芽が出てきます。「魔」から目が出てくる、ということで縁起が悪い。とされ炒った豆が使用されるようになりました。

「じゃあ茹でた枝豆でいいじゃないか」というさらなる質問が飛んできそうですが、もうそこは雰囲気上察してくれというほかありません。茹でた枝豆を投げた際、鬼を追いかけヒートアップすれば投げ落ちた豆を踏みかねない。

その時の片付けの大変さを説明するとわかってもらえるかな?と思います。

スポンサーリンク

 - イベント