あなたのお役立ちサイト【キラリアン】

世間の気になる話題・イベント・旅行・健康情報などが盛りだくさん

鈴木杏樹の父親が山口組・宅見勝との噂は本当なのか?

   

優しく包み込むような笑顔で活躍中の鈴木杏樹さん、そんな彼女にも、暗いかげりのある噂が付きまとっています。なんと、鈴木杏樹さんの実の父親山口組宅見勝氏ではないかと言う噂があるのです。

火のないところには、煙は立たないと言いますが、本当のところはどうなのでしょうか?今回は、その辺について述べさせていただきます。

スポンサーリンク

鈴木杏樹さんの父親について情報をあさってみると

鈴木杏樹さんのプロフィールについて追ってみました。生まれたのは、大阪府箕面市(1969年9月23日生まれ)、育ったのは兵庫県神戸市です。高校はマリスト国際インタースクールに通っておられましたが、その学校は中退されておられます。何か、事情があったのかと思っていましたが、17歳の時にスカウトされ、ロンドンの音楽学校に留学されたそうです。

1990年2月に、イギリスのCBSレコードから“KAKKO”として歌手デビューされました。1991年に日本に帰国され、女優として活動されています。出演作品は、「長男の嫁」「きょうは会社休みます」「相棒」・・・等です。また、「ミュージックフェア」や「ZIP」の司会としても活躍されています。

鈴木杏樹さんについて、いろいろ調べてみましたが、ご家族については、2013年に亡くなられた外科医の旦那様に関する事ばかりで、鈴木杏樹さんのご実家の家族については、見つけることができません。

ご自分の生家のプライバシーを尊重されているのか、それとも、公表しづらい何かがあるのか、その事はわかりません。ですから、鈴木杏樹さんの父親については、正確な情報ではありません。

山口組の宅見勝氏について

鈴木杏樹さんの実の父親ではないかと噂されている山口組の宅見勝氏とは、いったいどのような人物なのでしょうか?その辺について述べさせていただきます。

宅見勝氏は、1936年6月22日に兵庫県神戸市で生まれています。5代目山口組若頭として、バブル期には、不動産業や金融業を経営して、多大なる利益を山口組にもたらし、“山口組の金庫番”と呼ばれていた人です。また、他の暴力団組織との抗争にも、山口組のNo.2として関与されていました。

1977年にこの世を去りました。兵庫県神戸市出身で、年齢も生きていたら、79歳と鈴木杏樹さんは、現在46歳ですので、“父親としての年齢はぴったり当てはまるな”と勝手に推測をしてしまいました。しかも同郷と言うところが、何やらにおってきますね。

お顔も写真を拝見してみましたが、顔の輪郭とか目鼻立ちは似ていると言えば似ていますね。でも本当の事を知るためには、鈴木杏樹さんに聞いてみるか、DNA鑑定でもするしかないでしょうね。つまり、お二人が親子であるという証拠は、何もないわけです。

なぜかネットで噂になってしまっています。

最後に

鈴木杏樹さんの父親が、山口組若頭の宅見勝氏であろうとなかろうと、彼女の素敵なふるまい、美しい笑顔、知性あふれる会話・・・等に世間の人々が惹きつけられていることは、間違いありません。かえって、こうしたうわさが彼女のミステリアスな魅力をさらに引き出しているのかもしれません。

悪い噂も彼女の素敵な魅力に、吸いこまれてしまっているのかもしれませんね。女性の目から見ても、あこがれてしまいます。鈴木杏樹さん、今後のご活躍に期待しております。

スポンサーリンク

 - エンタメ