あなたのお役立ちサイト【キラリアン】

世間の気になる話題・イベント・旅行・健康情報などが盛りだくさん

退職祝いのお花のマナー!花束の相場や種類など

   

退職される方への贈り物、退職祝い第1位といえばお花ではないでしょうか。男女ともに退職祝いにお花を渡すのはいわば定番です。

が、定番だからこそ間違えたくないマナーがあります。送る側の心得を知っておきましょう。

スポンサーリンク

基本的なお花のマナー

退職祝い 花

花束にする

退職される方の最終出勤日や送別会などの場で渡されることが多い、退職祝いの花。本人が持ち帰ることを考えると、花束がオススメです。見栄えもいいですし、帰宅後にアレンジできるのもいいですね。

華やかな花を選ぶ

職場を去っていく方に感謝の気持ちをこめる場合、華やかな種類の薔薇や百合の花を入れると、高級感が増します。定年退職の方へは特に、真紅の薔薇が豪華でよいですね。持ち帰られた後もきっと、ご家族に長く楽しんでもらえます。

予算は人数・間柄に応じて

個人的に贈る場合、グループや組織で贈る場合で予算が変わります。花の予算は大体5,000〜1万円程度が相場です。個人の場合は一人で負担することになりますが、グループや組織で贈る場合は頭割りした額を集めるか、一人あたり500〜1,000円程度の予算にしましょう。

持ち帰り用の袋を用意する

退職する当日に花を渡す場合は、特に退職者の荷物が増える可能性があることを考えておきましょう。花屋さんに依頼すれば、購入した花束が入るくらいの紙袋をつけてくれますので、もらうことを忘れないようにしましょう。

さらに素敵な贈り物にするために

花束にはメッセージカードを

口頭でもお礼や感謝は伝えていると思いますが、やはり花束にもちゃんとメッセージカードを添えたいものです。

文面としては、
「大変お世話になった○○さんへ、職場のみんなから感謝の気持ちを贈ります。これからも素敵な人生を送ってください」
というように、感謝の気持ちや送り主などを盛り込むようにするとシンプルでありながら、思いのこもったカードになります。

+αのプレゼント

職場の人数が多い場合などは、一人500〜1,000円を集めて花束を買うと予算が残る場合があります。そのような場合は、+αとしてプレゼントを用意するのがオススメです。

受け取る方の好きなものや趣味のものなどが分かるのであれば、それに関連したものを、分からないようであればマフラーや手袋など、日常で使えるファッション小物などが良いのではないでしょうか。

その小物を手に取るたびに、退職の日のこと・職場のことを思い出してもらえる素敵な贈り物になること間違いなしです。

関連記事:退職祝い、30代・40代・50代の女性におすすめのプレゼントランキング

スポンサーリンク

 - イベント