あなたのお役立ちサイト【キラリアン】

世間の気になる話題・イベント・旅行・健康情報などが盛りだくさん

七夕の笹飾りの由来は?いつまで飾っておくべきなの?

   

七夕 笹飾り

七夕と言えば笹飾り。みなさんも子供の頃に一度は作ったことがあるのではないでしょうか。どんな由来があるかご存じですか?

笹の葉に願い事を書いた短冊を始め、折り紙などで提灯や吹流しなどを作り色とりどりに飾り付ける風習は、まるで日本のクリスマスツリーのように感じます。

スポンサーリンク

七夕の笹飾りの由来は?

子供の頃は何気なく作って飾っていた笹飾りですが、それぞれに意味があったのはご存知でしょうか。

代表的なものをあげると、折り紙を何度か折り、交互に切込を入れると出来上がる「投網」には、豊漁になりますようにの意味があります。

タコやイカの足のような「吹流し」には、織姫のように機織がうまくなりますように。

「千羽鶴」には家族が長生きしますように。

二色の折り紙で作る「ちょうちん」は、願い事を書いた短冊を明るく照らす、という意味があります。

「短冊」はみなさんご存知のとおり、願い事が叶いますように、というのと実はもうひとつ、字が綺麗になりますようにの意味もあります。

これらの飾りの由来は中国の影響が強いとされています。

奈良時代に中国では五色の星をお供えする習慣があり、その後室町時代の頃になると書道の上達を願い短冊に書いた和歌などをおさめるようにもなりました。

一般的に広まったのは江戸時代の頃で、天の神様への目印として7月6日の夜から笹竹を立て、無病息災や商売繁盛、習い事の上達など、それぞれを象徴する色紙の飾りや短冊をつるしました。そして折り紙や色紙などで夏の風物詩をかたどった飾りをかざる習慣が現代に受け継がれてきました。

短冊は元々、宮中行事で願い事を書いていた梶の葉でした。

笹に飾り付けをする由来は定かではありませんが、笹は昔から邪気を祓う役目があると言われていて、田んぼなどの害虫を避けるのに用いたことから、七夕に発展したという説があります。

笹飾りはいつまで飾っておくべき?

ところでこの七夕飾りはいつまで飾っておくのが正しいのでしょうか。
日本の神事はだいたい「夜明けの晩」(午前1時)に行います。

なので前日6日の夜から笹を飾り始めるのがいいと言われています。
一晩たった7日には片付け、7日からは今度はお盆の準備に入るそうです。

ですがせっかく飾った笹飾りを一晩で片付けてしまうのはもったいないですよね。ささすがに8日以降も飾っておくのはちょっとアレですが、飾り始める時期は7月に入ってからは自由でもいいような気もします。というか毎年そうしていました・・。

お子さんを一緒に飾りをつくるときは、意味を教えてあげながら作っていくと、より七夕を楽しめそうな気がします。

そして改めて、日本の行事って素敵だなあを思いました!

スポンサーリンク

 - イベント