あなたのお役立ちサイト【キラリアン】

世間の気になる話題・イベント・旅行・健康情報などが盛りだくさん

天神祭花火大会2016!穴場スポットやおすすめレストラン

   

天神祭花火大会

日本の三大祭のひとつとされる、大阪府大阪市「天神祭」

そのクライマックスを飾る、天神祭奉納花火大会。大川に100隻の大船団から上がるかがり火と、上空を彩る花火の絶景が楽しめるとあって、大変人気のある花火大会です。

天神祭花火大会2016年日程穴場スポット・おすすめのレストラン情報です。

スポンサーリンク

天神祭花火大会2016の日程は?

さすが水の街、大阪と呼ばれるだけあって、水と火との演出が素晴らしいですね。
演出はこれだけではありません。なんと、個人で奉納花火が上げられます!

気になるお値段は、協賛金として1発5000円。大阪天満宮の境内に名前があげられるそうで、主に会社の宣伝などで、使う場合が多いですが、思い出や記念に個人名で打ち上げるのもちょっと贅沢でいいかなと思います。

また、記念品として、花火玉のレプリカをいただけるそうです。

2015年の天神祭奉納花火大会の日程は、
7月25日(土) 19:00~21:00
荒天の場合は中止。順延は無いそうです。

2016年の日程は発表され次第公開します。

場所は、大阪市北区、桜ノ宮公園グランド、川崎公園(造幣局横)

そして、来場者数は例年の人数から見て、125万人が予想されます。
さらに、有料観覧席がないため、場所取りなど会場付近はかなりの混雑が予想されます。

天神祭花火大会2016の穴場スポット

そこでみなさん気になるのは、「穴場スポット」ですよね。
特におすすめなのは、大川に渡る橋です。特に橋の上からの観覧をおすすめしたいのは、川面に映る花火の美しさも堪能できるからです。

【源八橋】
ちょっと混雑しますが、会場近くなので、割と花火がきれいに見えるポイントです。

【都島橋】
会場からは少し離れますが、ここはライトアップされた大阪城と共に花火が見られる、なんともロマンチックな穴場スポットです。
歴史好きな方や、今話題の刀を擬人化したゲームでも関連のあるお城ですので、色々と思いを馳せながら花火を楽しむことができるのではないかと思います。
ただ、都島より北になると、見づらいのでご注意を!

【川崎橋】
自転車、歩行者専用の橋なので、ゆったりと観覧することができます。
公衆トイレもすぐそばにあるので、お子様連れの方におすすめです。

橋の上もいいですが、せっかくのお祭り、屋台の食べ物を頬張りなが見るのも、夏の風情があっていいですよね。

【毛馬桜ノ宮公園】
会場の対岸に位置するこの公園は、「藤田美術館」のあるエリアまで移動すると、火の粉が降りかかる心配もありません。

大迫力の花火を楽しむことができます。
ただ、やはり人気のスポットですので、午後の早い時間からの場所取りをおすすめします。

スポンサーリンク

 - 花火