あなたのお役立ちサイト【キラリアン】

世間の気になる話題・イベント・旅行・健康情報などが盛りだくさん

寺田心があざとい・嫌いとの声!父親無しの母子家庭だった!

   

天才子役と評判の寺田心君、わずか7歳にしてCMやバラティなど引っ張りだこの生活を送っておられます。今日は、そんな寺田心君が、あざとい性格で、“嫌い”と周囲から言われている事、また、ご家庭は父親がいなくて母子家庭だとか・・・

今日は、その辺に関する話題をお伝えさせていただきます。

スポンサーリンク

寺田心は、あざとい性格で周囲から“嫌い”の声!

愛くるしい顔に、子供らしい素直な対応、利発な天才子役の寺田心君、でも、そのかわいさゆえに最近は、逆に計算され過ぎて嫌い。見ていてイライラするといった意見が、ネット上にも良く挙げられています。

例えば、「スッキリ!!」(日本TV)の加藤浩次さんから、以前「この子、心の中に悪魔が潜んでいるね。」と言われたことに関して、9月8日放送の同番組に出演した際に「加藤さんに悪魔とか言われちゃいましたけど、僕は、大好きです。悪魔が・・」と計算されつくした大人の対応をしたところなどが挙げられます。

たかだか7歳の子供が、これ以上ないくらい100点満点の対応をするだろうか?あまりにも計算され過ぎていて、あざとくて末恐ろしいなと感じた方も多いのではないでしょうか?わずか、7歳の子供が自分を否定したような発言に対して、しょんぼりするのではなく、感情を全く出さずに、大人すぎる対応をするなんて・・・

普通は、少ししょんぼりするとかあった方が、子供らしくていいのでは?と言う大人側が持っている子供のイメージを大きく覆してしまうので、逆にイラッとするのかもしれませんね。

また、伊集院光さんが、寺田心君があまりにも礼儀正しく挨拶をしているのを見て、「子供は、そんなにちゃんとしていてはだめ!」と自身のラジオ番組でコメント出しておられます。「その考え、よく理解できるわ!」と思われる方も多いことでしょう。「子供は、子供らしく、失敗ばっかり繰り返しているぐらいでちょうどいいのさ!」と思います。

伊集院光さんに代表される子供のダメなところも含めて受け止めたいという期待が、寺田心君の発言に対して「“あざとい”、計算され過ぎて“嫌い”!」なんて発想を産んでしまうのでしょう。

寺田心君の家庭は母子家庭、父親はいない!

寺田心君のご家庭は、母子家庭だそうです。「バイキング」で坂上忍さんから父親について聞かれたとき、寺田心君は、「お父さんは、いないです。」とさらりと発言しています。何事もうろたえずきちんとありのままを言えた寺田心君は、偉いと思います。

まあ、母子家庭だろうが、そうでなかろうが、どっちでもいいではないですか。父親がいてもいなくても寺田心君が、天才子役であることは間違いないのですから。

最後に

わずか7歳にして超売れっ子の寺田心君、学校との勉強も両立させて素晴らしい俳優さんになれることを期待しています。“あざとい“とか、”嫌い”とか言われて大変なこともあるだろうけど、これからもお母さんと二人三脚で頑張ってくださいね。

スポンサーリンク

 - エンタメ