あなたのお役立ちサイト【キラリアン】

世間の気になる話題・イベント・旅行・健康情報などが盛りだくさん

つるし雛の手作りでの作り方!うさぎや七宝まりなど

   

つるし雛

すだれのように、飾りを糸で繋げて飾るつるし雛。元は江戸時代後期から伊豆稲取地方で始まった風習です。長女の初節句に、健康や良縁を祈願してひな壇の両脇に飾っていたものですが、昔は庶民にとってはひな壇の代わりともされていました。

手作りでの作り方などを紹介していきます。

スポンサーリンク

つるし雛を手作りで

最近ではお母さんやおばあちゃんが、女児出産や節句のお祝いにプレゼントするようにもなっています。手頃で見た目もかわいいことから、自分用に購入したり手作りする方も増えているそうです。

ころころとした愛らしい飾りは見ているだけでもホッと癒されるものがあります。また手作りの魅力は、ひとつひとつに願いや愛情を込めることで、より一層意味合いが深くなるような気がするところにあると言われています。

多様な飾りの中から自分の気に入った飾りを組み合わせることができるのも、個性があって素敵だと思います。

ではその作り方、特に代表的な「うさぎ」「七宝まり」を紹介していきます。

「うさぎ」の作り方

赤い耳が可愛らしいうさぎの飾り。
まず型紙は、山切り食パンの形の体、とんがり頭の形の耳の部分を作ります。

え?たったこれだけ?と正直大変な作業を覚悟していた私はちょっと拍子抜けしてしまいました。そうなんです、意外と少ない手順で作ることができるのも、手作りのつるし雛が人気の理由のひとつです。

型紙はキットとして販売されているので、あとは基本的な裁縫道具と綿、手芸用ボンドがあれば作ることができます。

うさぎの作り方はこちら。
参考:おんじゅくまちかどつるし雛めぐり つるし飾りの作り方 -御宿町商工会-

「七宝まり」の作り方

女の子の遊び道具として昔から親しまれてきた「まり」。つるし雛のメインとされ、これがあることにより、作品が一気に華やかになります。また、十字のつなぎに合わせ、ビーズをつけても可愛いですね。

七宝まりの作り方はこちら
参考:七宝毬のつくり方

このふたつだけでも、裁縫が得意ではなくてもなんだかできそうな気になってきました。

つるし雛の飾りにはこの他にも、縁起のいい「えび」や「鯛」うや「鶴」「亀」、「夫婦姫だるま」

や防虫対策や意味を込めた唐辛子など数種類あります。まずはここで紹介した「うさぎ」や「七宝まり」といった比較的簡単なものから始めていくと、だんだんもっと凝った物が作りたくなってくるはずです。

もちろんご自分用やご家庭で楽しむのもいいですし、プレゼントにも喜ばれることと思います。年々数を増やしていくというのも楽しみがあって素敵だと思います。つるすスタイルも様々あるので、自分好みのつるし雛にぜひ挑戦してみてください!

関連記事:雛人形の意味や由来!なぜ飾るのか?

スポンサーリンク

 - イベント