あなたのお役立ちサイト【キラリアン】

世間の気になる話題・イベント・旅行・健康情報などが盛りだくさん

内祝いとは?金額の相場はどれくらい?

   

内祝い

結婚や出産でお祝いをもらったら、お返しをしなくちゃなりませんよね。「内祝い」と呼ばれますが、本来の意味や、どれくらいのお返しをすればいいのか・・・意外と知らないものです。

イザという時に恥ずかしい思いをしないためにも、内祝いのことを知っておきましょう。

スポンサーリンク

内祝いとは?

結婚や出産など、人生の大きな転機となる時には昔は大勢の人が集まってお祝いをしていました。しかし、今は内輪でお祝いをすることが多くなり周りの人は贈り物を贈りますよね。

内輪での質素なお祝いのことを「内祝い」と呼ぶのが、正式な呼び方です。

そんな時、贈り物を頂いたら必ずしておきたいのが「お祝い返し」。頂いたお祝いに対してお返しをする際、熨斗に「内祝い」と記すことから、お祝い返し自体も「内祝い」と呼ぶようになりました。

内祝いの金額・相場は?

お祝いを受け取った側は、だいたい頂いた品物の3分の1〜半額程度のものを「内祝い」としてお返しするのが相場とされています。品物を選ぶ際は、相手側との関係も考慮する必要があるので気をつけてください。

相手が職場の人や友人の場合

お祝いをくれた方が職場の人や友人・知人の場合は頂いたものに対して「半額」程度の品物を内祝いとしてお返しするようにしましょう。とても親密で「お返しはしないで」などと言われた場合は3分の1程度でも大丈夫です。

職場などでは連名でお祝いを頂く場合もあります。そのような場合は職場で分けることが出来る、個包装になったお菓子などを渡しましょう。出来れば、一人一人に一言「ありがとうございました」の声をかけて渡したいものです。

相手が親戚の場合

親しい付き合いをしている親戚の場合は、3分の1程度の内祝いを。あまり交流がないのにお祝いを頂いた場合は、半額程度の内祝いを用意しましょう。心からお祝いをしてくださっている場合と、義理でお祝いをしてくださっている場合で、金額を変えるという考えです。

内祝いを贈るタイミング

結婚や出産は生活の環境も変わり、バタバタするものです。ですが、頂いたお祝いに対するお返しである「内祝い」を忘れてはいけません。どのようなタイミングでお返しするべきなのか、知っておきましょう。

結婚の内祝い

結婚式を終えて1ヶ月以内にお返しするのが目安です。「無事に結婚しました」という報告も兼ねているので、あまり遅くならないように気をつけましょう。

結婚式ばかりメインに考えがちですが、その後の内祝いについても早いうちから考えておくと慌てずに済みます。

出産の内祝い

一般的にはお宮参りの頃(生後1ヶ月程度)に贈るのが良いとされています。が、ママの体調がよくなかったり、誕生した子どもが退院できなかったりという場合もあります。そのような場合は事情を説明して「回復(退院)したら、贈らせていただきます」と伝えても良いでしょう。

出産の内祝いには、「命名札」をつけましょう。最近は読み方が難しい名前もありますので、ふりがなをつけておくと分かりやすくて良いですね。最近は誕生日や写真なども入れられるサービスがありますので、お子さんのお披露目として利用する方も多くいらっしゃいます。

スポンサーリンク

 - イベント