あなたのお役立ちサイト【キラリアン】

世間の気になる話題・イベント・旅行・健康情報などが盛りだくさん

宇治川花火大会2016!穴場スポットや有料観覧席は?

   

宇治川花火大会

京都で開催される宇治川花火大会の名物と言えば、「源氏物語」をテーマにした演出です。

さすがは古都、京都。花火大会もそれにふさわしく、なんとも雅ですね。
歴史ある京都、その歴史にちなんだ平安の物語を花火で美しく再現しています。

宇治川花火大会2016年穴場スポット有料席情報です。

スポンサーリンク

宇治川花火大会2016!

ちなみにどういった演出かというと、紫式部に名前から用いた「紫」、平安貴族の中でも高い位を表す「紫色」をメインにした花火が、夜の宇治川を鮮やかに彩ります。

花火と言えば、赤や黄色やピンク、夜空に映えるような暖色系の色が基調のイメージですが、紫がメインとは優雅でまさにテーマにぴったりです。

そんな素晴らしい花火大会なので、今年もみなさん楽しみにしていたかと思いますが、残念ながら2015年の開催は中止になってしまいました。

昨年は、台風による宇治川の増水で中止になってしまいましたが、そのことや混雑がひどいことから、打上場所や観覧場所を検討した上で、来夏の再開を検討しているそうです。

しかし、主催者側は花火大会に変わるイベントの開催を検討しているとも発表しており、何かしらの模様しものは期待できそうです。

来年の夏には、打上場所が変わっても、この素晴らしい花火大会が開催されるといいですね。

ではせっかくなので、過去の情報から宇治川花火大会がどんなものだったのかをご紹介していきましょう。

まずは先程も触れましたが、「源氏ろまん」をテーマにした、雅で優雅な花火。
オープニングから500発の花火が観客を魅了し、紫を基調としたスターマインは、まさにここでしか見られない、京都ならではの花火大会です。

また、歴史をロマンを伝える華やかな、源氏物語をイメージした花火。
フィナーレは、1000発のスターマインが豪華絢爛に咲き乱れます。

例年に観覧車数は21万人にも及び、京都府内では人気度2位の花火大会です。

宇治川花火大会の有料席情報

また有料観覧席も2500円から用意しておりますが、こちらが激戦。
それもそのはず、トイレが完備されている上に、お弁当がついてくるプレミアム観覧席まで用意されています。

絶景を見ながら、おいしいお弁当まで楽しめるなんて最高に贅沢ですよね。
また金額も2500円から5500円とお席によって幅広く設けられているのも嬉しいですね。

台風や昨今のゲリラ豪雨など、天候的にも厳しい時期ではありますが、どうか2016年にはまた源氏ろまんをテーマにした素晴らしい花火大会が開催されることを願っています

スポンサーリンク

 - 花火