あなたのお役立ちサイト【キラリアン】

世間の気になる話題・イベント・旅行・健康情報などが盛りだくさん

バレンタインにチョコレートをあげる意味や由来は?

   

バレンタイン

日本ではすっかり定着した2月14日のイベントといえば、バレンタイン!

定着しただけではなく最近では友チョコや自分へのご褒美チョコ等々
形を変えて進化しつつありますが

貰ってうれしい
自分に贈っても嬉しい
チョコレートの日であることに違いはありません。

さて、そんなバレンタインデーですが
日本ではいつから始まった習慣なのでしょうか。
意味由来を振り返ってみましょう。

スポンサーリンク

バレンタインの意味や由来とは?

バレンタインの歴史を紐解くと
日本では1958年頃から流行し、定着したのは19700年代後半。

もともと来日していた外国人の間で行われていた習慣が
第2次世界大戦後に製菓業界の後押しもあって定着していったものと見られています。

チョコレートを贈る意味なのですが
西洋ではお世話になった方にチョコレートを贈る習慣があり

そこに上手くチョコレート製造会社が乗っかった形になって
爆発的ブームとなったようです。

そして女性から男性へチョコレートを贈る由来とも言うべき2月14日=バレンタインなのですが、バレンタインとはキリスト教の司祭であったヴァレンティヌスの名前から来ています。

ヴァレンティヌスの英語表記でバレンタイン。

ローマ帝国皇帝のクラディウス2世が戦場での士気が下がるという理由で
兵士の婚姻を禁止したのに対して

ヴァレンティヌスが秘密裏に兵士を結婚させたことで
捉えられ、処刑されたキリスト教司祭でした。

そのヴァレンティヌスの処刑された日が
2月14日だったというのでこの日が恋人たちの日となったというのが発端のようです。

最近のバレンタインデーでは?

チョコレートの日となっているのは日本独自の進化(及び製菓会社のもくろみ)なんですが昨今ではデパートでもチョコレートの多様化・高級化が進んでいて

主に女性が購入するのは

  • 本命用
  • 義理用
  • 友チョコ
  • ご褒美チョコ

の4種類だと思います。

義理に限っていえば
職場で慣例化していれば連名にしてでも買わなくてはいけない

義理ではなく義務化している場合も多々。

もちろん、お返しのホワイトデーもありますから
普段のお世話になっているお礼を込めて職場での義理チョコも
winwinと考えたほうがいいかもしれませんよ義務化されていても。

そして昨今は友チョコとご褒美チョコの割合も多くなっているのではないかと思われます。

年に一度ぐらい数千円する高級チョコを自分に買っても、いいですよね。
はい、とても良いと思いますよ。

というわけで
踊らされているとはいえ
楽しく踊った方が勝ちであるバレンタイン。

美味しいチョコで幸せになりましょう。

スポンサーリンク

 - バレンタイン