あなたのお役立ちサイト【キラリアン】

世間の気になる話題・イベント・旅行・健康情報などが盛りだくさん

ハロウィンメイクでゾンビメイクをリアルに!傷を簡単に作る方法は?

   

ハロウィン ゾンビメイク

ハロウィンになると多くの人が仮装をしてパーティやパレードを楽しむようになりました。初めは衣装だけだった方も、段々と小物やメイクなどにもこだわりを持ち始めていませんか?

今回はハロウィンの花形とも言えるゾンビのメイクのやり方をまとめました。

ゾンビの衣装にリアルな傷メイクで周りとアッと驚かせましょう。

スポンサーリンク

注目度満点!リアルな傷メイクの作り方

ハロウィンメイクで注目を集めるなら、リアルな傷メイクがオススメですが、準備物が多かったり、手間がかかるものは避けたいですよね。

そこで、初心者からハロウィンメイクにこだわりを持ちたい方までがチャレンジできる、色々な傷メイクのやり方を集めました。

1)簡単!初心者向け傷メイク

用意するものが少なく、簡単にできる傷メイクです。

用意するもの

  • 木工ボンド
  • コンシーラー、ファンデーションなど
  • 紫のアイシャドウ
  • 赤い絵の具、食紅など
  • つまようじ

メイクのやり方

1.傷を作りたい部分に木工ボンドを塗ります。ボンドが乾きそうな時に傷口となる切り込みをつまようじで入れます。

2.ボンドが乾いたら、コンシーラーやファンデーションでボンドに肌の色を入れ、傷口の部分に絵の具や食紅で色をつけます。

3.作った傷の周りに紫のアイシャドウで打ち身の傷(青あざ)を作ります。

こだわり派向け ティッシュを使ったリアルな傷メイク

より立体感のある傷メイクをしたいなら、こちらのやり方でどうぞ。

用意するもの

  • 木工ボンド
  • リキッドファンデーション
  • アイシャドウパレット(ラメのないもの)
  • スポンジ
  • つまようじ
  • ティッシュ
  • 片栗粉
  • 絵の具、食紅(赤・緑・青)など

・メイクのやり方

1.アイシャドウで傷を作りたい部分にあざのような色をつけます。
(赤・青・紫・緑などを混ぜるとリアルさが増します)

2.木工ボンドとリキッドファンデーションを混ぜ、アイシャドウを塗った部分に、作りたい傷の形に乗せます。
(厚く塗るとその分深い傷が表現できます)

3.つまようじで切り傷の口となる部分のくぼみを入れます。

4.3でつけた切り傷の口にティッシュを詰めます。

5.片栗粉・絵の具で血のりを作り、傷口の部分に入れます。

6.ボンドが乾いたら、傷口の周りをアイシャドウで肌と馴染ませれば完成です。

どちらも、「木工ボンド」を材料に書いています。本来、肌につけるものではありませんから、ハロウィン当日にいきなりメイクをすると肌荒れなどの原因になることもあります。

事前に肌荒れが起きないかどうか試してみてください。

肌に刺激などがある場合は、つけまつげ用ののりやボンド、二重まぶたの細工に使うアイプチなどが木工ボンドの代わりとして使えますので、お試しください。

スポンサーリンク

 - ハロウィン